トヨタ・新型「グランドハイエース(海外名:グランビア)」のプロモーション映像がさりげなく公開。気になるライトの細部や安全装備、その他の詳細情報も

2019-07-14

~さりげなく公開されていた新型「グランドハイエース」のプロモーション動画~

日本でも度々目撃されているトヨタの新型高級商用ミニバン「グランドハイエース(海外名:グランビア)」。
トヨタのフラッグシップミニバンモデル「アルファード/ヴェルファイア」に次ぐ高級路線を辿る一台となりますが、早くもこのモデルのプロモーション映像が公開されています。

今回はあくまでも海外仕様となる新型「グランビア」としてのPRとなりますが、その仕様は日本市場へとある程度展開されるとのことで、新型「グランドハイエース」にも同様の設定が施されると考えても良さそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「グランドハイエース」はどういった乗り物になる?~

新型「グランドハイエース」は、法人だけでなくファミリーでも活用できるおもてなし重視のミニバンということで、それを実現するために、ハイレベルな安全装備となるトヨタ・セーフティ・センス(Toyota Safety Sense)や快適性と利便性を備えた機能がふんだんに盛り込まれています。

そしてトヨタのセールス及びマーケティング担当副社長であるSean Hanley氏も、「今回の新型グランドハイエースの完成度は非常に高い。広々としたキャビンや最高の快適性、優れた洗練を望む人々のニーズを満たした仕様、そして5つ星ホテルのシャトルバスや上級管理職のためのコーポレートトランスポート、あるいは高級ファミリー向けワゴンに値する最強の一台である」と自信を示しています。

~最新プラットフォームの採用により乗り心地は快適に、シートも上質に~

新型モデルでは、海外でも発表された新型「ハイエース(Hiace)」にも設定されるTNGAプラットフォームをベースにし、6~11人乗りまでを可能としますが、より高級な本革シートを採用する6~8人乗りモデルについては、乗員に対して快適な空間を提供します。

足元のスペースを大きく取りたい場合であれば、ロングスライドを可能とするキャプテンシートを採用。

ロングドライブやちょっとした休憩には最適な電動リクライニング&オットマン。
これが採用されるのは非常に嬉しいポイントですね。

移動中は快適な時間を提供したいという想いから、改良を重ねた4リンクコイルスプリングリヤサスペンションをインストール。
商用ミニバンとは思えない程の上質な乗り心地、そして非常に安定した走りを提供します。

~気になる安全装備内容は?~

トヨタの安全装備「トヨタ・セーフティ・センス(Toyota Safety Sense)」も非常に充実しています。
衝突防止システムを意味するプリコリジョンセーフティシステム(PCS)や歩行者や昼間の自転車検出を加味したアクティブクルーズコントロール、車線のはみ出しを警告するレーン・デパーチャー・アラート(LDA)、オートハイビーム(AHB)、更には9つのエアバッグも標準装備されます。

その他にも、これはおそらくグレードもしくはメーカオプション扱いとなるであろうブラインドスポットモニター(BSM)。

大型車なら絶対に搭載しておきたいパノラミック・ビュー・モニター(PVM)。

そして駐車場から出る際には気を付けたいリヤクロストラフィックアラート(RCTA)。
こういった装備もしっかりと準備しているところも素晴らしいところですね。

~気になるフロントヘッドライトはこうやって光っている~

外観ももちろん、「アルファード/ヴェルファイア」までの派手さを強調させるのではなく、適度なメッキパーツを使用することで落ち着きと高級感を演出。
フロントヘッドライトも、上の画像のように5灯式のLEDデイタイムランニングライトと2眼式のフロントヘッドライトを搭載していますね。
ウィンカーは流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが採用されるかは不明ですが、高級商用ミニバンと謳っている以上は、点滅ではなくシーケンシャルを是非とも搭載してほしいところです。

【The new Toyota Granvia Eight-seater MPV】

☆★☆新型「グランドハイエース/グランビア」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう