7月の長野旅行でリニューアルオープンしたレクサス長野に行こうと思う。併せてランボルギーニ「アヴェンタドールSV」オーナーにも直接取材!

~旅行なのになぜか取材が盛りだくさん?

さて、以前より当ブログにてお伝えしてきた7月の長野旅行。
長野に行く本来の目的は、7月26日(金)よりリニューアルオープンする長野唯一のフェラーリ正規ディーラ・グランテスタ長野さんよりご招待いただけたことが主で、その際にサプライズイベントとして同社最新のV8ツインターボミドシップスポーツモデル「F8トリブート(Ferrari F8 Tributo)」が7月26日(金)~7月28日(日)の3日間限定で特別展示されるということなので、そのモデルをしっかりとインプレッションしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「F8 Tributo」は既にオーダーストップしているディーラもある模様~

新型「F8トリブート」は、一部のディーラでは既に販売枠がいっぱいになっていて(限定ではないけど購入枠が限られているそう)、もしかするとグランテスタ長野さんでも購入できない恐れがあるかもしれません。

ただ、個人的に「F8トリブート」がどういった価格帯で、どういったオプションがあるのか簡単に情報収集していきたいと思います。

~以前より気になっていたアノ「アヴェンタドールSV」とオーナーに直接取材!~

また今回のグランテスタ長野さんの訪問にあわせて、長野のランボルギーニ「アヴェンタドールSV」のオーナーさんにも直接取材させていただけることとなりました。
ボディカラーは、上の画像にもある何とも美しいブルー・ルマンと呼ばれるカラーで、純正を崩さないVITTカスタムが施された美しい1台となります。

平成最後となる関西アヴェンタ会ツーリングでも登場した一台ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

マフラや足回りについても、ワンオフのカスタマイズパーツを装備しているとのことなので、この辺りも細かく取材していきたいところです。

~レクサスオーナーであれば絶対行きたい他県のレクサスディーラ~

そして最後は長野県にあるレクサスディーラのレクサス長野さんにも訪問しようかと思っています。今回は自身の「NX」を駆りだすので休憩がてらの訪問です(運転するのは約1か月半ぶり…)。
長野県のレクサス店舗は、過去にレクサス松本さんに訪問したことがありましたが、レクサス長野さんは全くの初めて。
ウッド調にリニューアルしてからの店舗内はどういったデザインなのか見ていきたいと思います。

こちらがレクサス長野さんのオーナーズ専用ラウンジ。
何かもう…高級旅館のフロントみたいな雰囲気がありますね。

レクサスオーナーの特権と言いますか…県外に旅行に行ったり、仕事に行った際に立ち寄れる楽しみの一つでもあります。
そのディーラによってご当地のお菓子が出てきたり、季節のお飲み物が出てきたりするのでかなり楽しみです。

こちらの店舗についてもしっかりレポートしていきたいと思います。

☆★☆レクサスディーラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう