レクサスが10月の東京モーターショー2019にて最新EVコンセプトモデルを発表へ!ヒントはこの簡易的過ぎるデッサン?センターシート採用の噂も

~遂にレクサスから新しいEVモデルが登場する!~

レクサスといえば、先日開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019にて、量産デザインとなるフラッグシップオープンモデル「LC500コンバーチブル・プロトタイプ」を世界初公開しましたが、今度の10月24日より開催される東京モーターショー2019にて、同社よりオールEV仕様のコンセプトモデル「EVコンセプト」が世界初公開されることがわかりました。

スポンサーリンク

~発表するといっても…この簡易的過ぎるデッサンは何?~

現時点では、詳細となる情報は何も無いものの、今回公開されている上の超簡易的なデッサンをモチーフに、やや急進的なデザイン言語をもちながらも、レクサスのアイデンティティでもあるスピンドルグリルや、L字型のLEDデイタイムランニングライト、そして「CT」もしく「SAコンセプト」のようなハッチバックとシティカーの中間的なスタイリングを持つことが考えられます。

ただ、この簡易デッサンはティーザー画像ではなく、レクサスよりリーク?した資料の一部ということで、ここから大幅に変更される可能性も十分に考えられます(それでもこのデッサンだけでニュースになるのはちょっと面白い)。

~EVコンセプトはセンターシートになる?~

また別の情報にもよると、レクサスから発表される「EVコンセプト」は、BMW「i3」のようなコンパクトなサイズ感を持ち、外観がラグジュアリー仕様、車内はマクラーレン「F1/スピードテイル」のようなセンターシートレイアウトになるそうで、シングルシータとなるか3シータレイアウトになるかは不明なまま。

おそらく3シータレイアウトになる?との情報ですが、これは近日中に新たなリーク情報、もしくは画像等が出回るかもしれません。

なお、レクサスは昨年12月頃に100%電気自動車モデル「UX300e」を商標出願していましたが、このモデルとは直接的な関係性はないとのことで、「UX」とは全く異なる新しいデザインとして登場することで間違いないと思います。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう