この勇ましい本気(ガチ)サウンドを聴いてみよ!ポルシェ・次期「911(992)GT3」の開発車両がニュルブルクリンクサーキットに暴れまわる!【動画有】

~まだまだ明確な姿は見れないものの、それ以上の副産物が!~

以前より度々目撃されているポルシェの次世代ハイパフォーマンスモデル「911(992)GT3」の開発車両ですが、今回もドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにてその姿が目撃されています。

今回目撃されている個体を見ていくと、全体的にはまだまだカモフラージュされたカバーなどが設けられていますが、フロントフード先端に通気口が設けられ、フロントグリル部分もカバーされているものの、従来「911(992)カレラ」よりもワイドなセンターダクトが設けられることが予想されます。

スポンサーリンク

~リヤウィングはこのメカメカしいでデザインのままで進める感じ?~

フロント・リヤフェンダーについては、そこまで大幅に拡大されることは無いにしても、やはりそれ以上にリヤウィングが巨大でメカメカしい構造になっているのが今回の次世代モデルとしての注目すべき点ではないかと思います。

また大型エンドプレートは、ウィングを更に効率的に動作させるものだと思うのですが、このあたりの効果もどこまで期待できるものなのかも気になるところ。

上の画像の通り、アップライトはリヤウィンドウの両サイドに設けられ、ウィングもほぼ全幅と同じ感じに見えますね。リヤエキゾーストパイプはセンター2本出しで非常にシンプルなレイアウトになっています。

~今回の開発車両の注目ポイントは”サウンド”!~

そして今回、この開発車両で一番注目してほしいのが、外観等のデザインではなくそのエキゾーストサウンド。

パワートレインは、「911(991.2)スピードスター」より継承された排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載することが予想され、前世代の「911GT3」が発揮する500hpよりも更に強力な550hpを発揮すると予想されています。

トランスミッションは、6速MT/PDKがラインナップされる予定なのですが、今回目撃されている個体はPDK(デュアルクラッチギアボックス)である可能性が高く、加えてそのエンジンサウンドはかなりの轟音であることがわかります。

これを言葉で表現するのは中々に難しいのですが、以下に添付されている動画にてそのサウンドを是非ともチェックしてほしいところ。
これまで中々ピックアップされることが無かっただけに、その勇ましくも重々しいサウンドはかなり魅力的なものに仕上がっています。

【2020 PORSCHE 992 GT3 SPIED TESTING AT THE NÜRBURGRING】

☆★☆ポルシェ「911(992)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう