【合計3,480馬力!?】ケーニグセグのハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS」が3台並んでドラッグレース、朝から目が覚めるような驚異的な加速力を動画にて【動画有】

~2度も見ることのできない「アゲーラRS」トリオのドラッグレース!~

スウェーデンを拠点にするハイパーカーメーカ・ケーニグセグが、世界限定25台のみ販売した究極のハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS(Agera RS)」。
日本市場専売モデルとして、限定3台のみ販売された「アゲーラRSR」も存在しますが、今回はかなり珍しい「アゲーラRS」3台が公道に並び、ドラッグレースを実施するという何とも有りえないシーンが動画にて公開されています。

スポンサーリンク

~注目すべきは不動産王が所有していた24金仕様のワンオフモデル「アゲーラRS・フェニックス」~

しかも、その中で真ん中に停まっているのが、以前アメリカの不動産王でお馴染みのManny Khoshbin氏が所有していたワンオフモデル「アゲーラRS・フェニックス」で、リヤセンターマフラカッタの24金仕上げが特徴的。

ただ、Manny Khoshbin氏によれば、「アゲーラRSフェニックス」は約2.4億円にて購入し、高級中古車ディーラであるTushar Kelshikarに売却する際には約5.5億円まで交渉したものの、最終的には約4.5億円にて売却したと報告しているため、今回動画にてアップされた同車のドライバがManny Khoshbin氏ではないことは確か。

もしかしたら、既に別のオーナーが購入したのかもしれませんが、それでもこの光景はかなり強烈と言いますか…朝から目が覚めるような奇跡的な映像ではないかと思います。

なお「アゲーラRS」のパワートレインは、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1,160hpを発揮するため、今回3台分の出力を足し合わせると3,480hp、総額6~7億円に達する究極の一台と言えますが、なぜこの3台が並んでドラッグレースを行っていたのかは不明。

その驚異的過ぎる加速力によって、一瞬にして3台は見失っていますが、一生に1度見れるかどうかもわからない瞬間でもあるため、これを撮影できた人物は相当に運が良いと言えるでしょう。

☆★☆ケーニグセグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう