レクサスが遂に2020年より自律走行技術を搭載した次世代モデルを発表?30周年並びに東京オリンピック開催記念に備えたラグジュアリーモデル誕生か

~実は粛々と進められていた自動運転技術~

1989年にレクサスブランドが誕生して今年で30周年を迎えることとなりましたが、この度同社が30周年を記念する特別なイベントに向け、2020年に展開する予定の最新自動運転システムについて一部明らかにしました。

スポンサーリンク

~レクサスが2020年に発表するのはもっと別の意図がある?~

自動車ニュースサイト・Automobile Magazineによると、レクサスの自律走行システムはレベルⅡ程度にあるということで、高速道路の入り口から出口までなら走行できるようになっていて、加えて自動車線変更や追い越し機能を備えるような技術も搭載する可能性があるとのこと(先日発表された日産・新型「スカイライン」のプロパイロット2.0的なもの)で、既に広範囲にてテストを行っており、顧客が利用できるレベルにまでほぼ準備が進められているとのこと。

なおレクサスは、自主性に関する技術も発表していて、具体的には車両がリアルタイムの交通情報を集中型データセンターと通信することで、より効率的で安全なコースを走行できるインテリジェンスな機能も備えるようです。

気になるパワートレインについては、将来的にEVモデルを始めハイブリッドやプラグインハイブリッド、そして燃料電池モデルといった様々なエコユニットが採用されると考えられ、内燃機関モデルが徐々に淘汰されることが予想されます。

また今回のような自律走行技術に加えて、レクサスならではのインテリジェンスな技術を日本だけでなく海外にも展開していくため、2020年より開催される東京オリンピック2020のタイミングにて発表してくるかもしれず、そう考えるとレクサスとして自社アピールできるまたとないチャンスになるなのではないかと思いますね。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう