えっ、もう?2019年モデルとなるスバル・新型「アウトバック/レガシィ」に早くもリコール。溶接不良でダクトカウルが外れる・ケガをする恐れアリ

2019-07-18

~これはスバルの出鼻を挫くリコールに~

スバルは先ほど、アメリカ市場向けに2020年モデルとなる新型「アウトバック(Outback)/レガシィ(Legacy)」を発売スタートし価格も明らかにしましたが、ここにきてまさかのアメリカ仕様となる2019年モデルの「アウトバック/レガシイ」の2車種・計2,107台に製造過程において不具合があったとしリコールを発令しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~スバルはあくまでも下請メーカに問題があると主張~

今回スバルのプレスリリース内容によると、NHTSAへと届け出た2019年モデルの新型「アウトバック/レガシィ」において、ダクトカウルと呼ばれるパーツのスポット溶接が不十分であった可能性が高く、最悪の場合ダクトカウルが走行中に外れて落下する恐れがある、もしくは溶接が不十分で表面が荒れていることから、素手で振れた場合にケガをする恐れがあると説明。

想定されている溶接ポイントとしては、エンジンベイのリヤ部分で、フロントガラス基部のプラスチックカウルの下にあるものを指しており、この部分についてはスバルが調達している下請けメーカの製造不良であると主張していて、スポット溶接が上手くできず接着できないまま組み付けを進めていた恐れがあります。

なお、このポイントについての検査がどのように行われたのか不明ですが、過去にスバルが引き起こした不正検査と大きくかかわることになれば非常に大きな問題へと発展しかねません。
下請けメーカの不具合であったとしても、その問題を初回組立て時に気付けなかったスバルサイドにも問題があるわけで、しっかりと対策をとってほしいところ。

ちなみに対象としているモデルは、2019年5月31日~2019年6月6日に製造された新型「レガシィ」142台と、新型「アウトバック」1,965台の計2,107台となっています。

スバルの調査によれば、今回対象としているモデルの内、約12%程が実際に不具合の問題を引き起こしている可能性が高いものの、これによる事故は発生していないと説明しているため、大きな事故へと発展する前に迅速かつ適切な対応と対策をお願いしたいところですね。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

マツダ「マツダ3(Mazda3)/アテンザ(Mazda6)/CX-5」に26万台超えの大量リコール。気筒休止システム不具合でエンジンが始動しない恐れアリ(2019/7/13投稿)
ちょっと待て…マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」のホイール脱落リコールがオーストラリアでも発令。日本では既に事故事例があるのに未だリコール届け出なし(2019/7/12投稿)
スズキ・新型「ジムニー」に2万台超えの大量リコール。なお「ジムニー」のリコールはこれで3度目に(2019/7/10投稿)
マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」オーナーは要注意!北米にて発令したタイヤの脱落リコール、実は日本も対象だった!【動画有】(2019/7/9投稿)
マツダ「CX-5/アテンザ/ロードスター」にリコール。気筒休止システムの影響でエンジン停止、ブラケットが走行中に脱落する?!(2019/6/27投稿)
日産「セレナ/キューブ/NV200」に計48万台超えの大量リコール。電源分配器の基板における半田不具合で車両が炎上する恐れアリ(2019/6/27投稿)
ゲリラ豪雨や洗車の影響でエンジンが損傷?!トヨタ「シエンタ/アクア/ヴィッツ」等の計6車種・約15万台に大規模リコール(2019/6/26投稿)
【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも?(2019/6/22投稿)
ホンダ「N-BOX SLASH(Nボックス・スラッシュ)」に4万台超えの大量リコール。パーキングブレーキが解除されない恐れアリ(2019/6/20投稿)
新型のジープ「レネゲード」とフィアット「500X」に早くもリコール。エアバッグが作動せずに事故の場合に死の恐れも(2019/6/16投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう