ルノー・次期「メガーヌ」のステーションワゴンも新しく!最新のヘッドライトとテールライトを搭載した開発車両が登場

~そういえばステーションワゴンの「メガーヌ」も存在していたんだった~

以前、とんでもないオーバーフェンダーを装着したルノー「メガーヌ(Renault Megane)」ベースとなる謎の(ハッチバックモデルの)開発車両が目撃されていましたが、今度は何とステーションワゴン風のスタイルを持つ「メガーヌ・スポーツツアラー」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両を見ていくと、フロント・リヤのみにカモフラージュが施されていることから、基本的なスタイリングの変更は無いものの、フロントヘッドライトやC字形状のLEDデイタイムランニングライト、フロントバンパーが大幅に変更される可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

~次期「メガーヌ」同様にPHVモデルの設定が考えられる~

リヤエンドはこんな感じ。
リヤテールゲートの水平に沿ったストリップデザインに近いリヤテールライトもカモフラージュにて隠され、加えてテールライトのグラフィックも大きく変更される可能性が高そうですね。
なお、リヤマフラは確認できませんが、恐らく下向きで隠れるようにインストールされるのではないかと考えられます。

サイドのスタイリングはこんな感じ。かなり引き締まったボディは新型「クリオ/キャプチャー」をモチーフにしていると思われます。
なお、ホイールベースは延長され、フロント・リヤオーバーハングの張り出しも大きく抑えたスポーティな外観となっています。

気になるパワートレインについては、これについてはPHV仕様の新型ハッチバックモデル「メガーヌ」と同様にE-Techと呼ばれるプラグインハイブリッドシステムをラインナップすると思われ、ターボエンジンと電動機、そして小型リチウムイオンバッテリが採用され、「メガーヌPHV」同様にバッテリのみでの航続可能距離は48kmを実現すると予想されます。

なお、このモデルに関する詳細情報は何も明らかになっていないものの、早くとも2020年3月に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2020にてデビューするのでは?と言われていますが、もしかするとハッチバックモデル「メガーヌPHV」と全く同じタイミングで登場する可能性もあるかもしれません。

☆★☆ルノー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう