フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のこれまで目撃されきた開発車両まとめ①。なお現行「フィット3(FIT3)は」9月でオーダーストップへ

~これまで目撃されてきた新型「フィット4」のテストカーを一部まとめてみた~

さて、いよいよ今秋より発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」。
各ディーラでは、まだスタッフマニュアル等は配布されておらず、明確な仕様やデザインについては明らかにされていませんが、年内中に新型「フィット4」が発売することは確実とのこと。

また、8月~9月にかけては新型「フィット4プロトタイプ」の研修並びに試乗も行われるとのことで、これについてもセールスさんが細かくインプレッションしていただけるようになっています。
試乗インプレ情報頂き次第、当ブログにてしっかりと展開していきたいと思いますので、是非とも定期的にチェックのほどお願いいたします。

今回は、これまで目撃されてきた新型「フィット4」の開発車両目撃情報まとめに加え、現時点で判明しているデザインやスペック、そして現行「フィット3」の販売情報・値引・特典情報なども公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

~初めて目撃された新型「フィット4」の開発車両~

まず初めに目撃された「フィット4」の開発車両がこちら。

ボディ全体に分厚めのカモフラージュが施されていますが、これは最近目撃された開発車両と変わらずでかなり徹底的。
ただ、この時点でフロントエンドが大きくデザイン変更してくることは容易に想像ができましたね。

特にフロントヘッドライトは、現行モデルのようにフロントグリルと一体化したようなデザインではなく、グリルから独立したかのようにも見え、おまけに形状も非常に独特ともいえるかなり際どい釣上げ式になっています。

あとはAピラーに沿った形で新たに設けられている三角窓。
現行モデルでは非常にコンパクトにまとめられていた三角窓ですが、今回のフルモデルチェンジでその面積を拡大し、更にはAピラーの角度も現行よりも上部に向かう鈍角になっていることから、視認性の向上が図られると考えられます。

~例のベストカーがすかさずレンダリングを公開~

開発車両が目撃後、早速自動車サイト・ベストカーがこれをベースにした完成予想レンダリングを作成。
特徴を捉えた忠実なデザインで、フロントエンドはかなりシンプルな造りとなっており、現行の「フィット3」にあるようなアグレッシブなヘッドライトを取り込むと言うよりは、初代もしくは2代目のような柔らかい印象を受ける”原点回帰”を図るかのような大胆なデザインにも見えますね。

フロントヘッドライトはおそらくLEDの単眼タイプ(プロジェクタ式?)で、その内側には3灯式のウィンカー&ハザード、その反対側にはC字を意識したLEDデイタイムランニングライトが描かれています。
エアインテーク部には、おそらくダミータイプのグリルが設けられ、加えて縦型のフロントフォグランプが搭載されています。

~遂にヘッドライトとリヤテールランプが点灯した新型「フィット4」の開発車両が!~

海外では頻繁的に登場している新型「フィット4」の開発車両。
かなり貴重なフロントヘッドライトが点灯したときのスパイショットもありますね。
デイタイムランニングライトは正方形っぽいデザインで、ヘッドライトはやはり単眼、フロントフォグランプは輝度の関係もあってか省略されているように思いますね。

こちらがリヤテールランプ並びにバックランプが点灯したときのスパイショット。
リヤテールランプは二重のU字型のLEDライトが確認でき、両端にはバックランプが点灯していることが確認できます。
特にリヤテールランプのデザインは、現行モデルと明らかに違ってリヤピラーに沿った縦型ではなく、テールゲートに沿った横型であることがわかり、この辺りも大胆に変更してくることでしょう。

~インテリアも一部明らかに!~

そしてこちらが、今までキャッチされてこなかった新型「フィット」のインテリア。
早速チェックしていくと新しいデザインのステアリングホイールや、凹型のインストルメントクラスター、そしてメタルフレームタイプの大型ナビゲーションディスプレイを確認することができますね。

より鮮明にスパイショットされたのがこちら。
センター部分には3つの大きなつまみを確認することができますが、これはおそらくエアコン関係のダイヤル。

また大型ナビゲーションディスプレイにおいても、かなり寝かせたような角度になっていますが、これについては未だ開発レベルにあるため、ここから更に変更を加えていくのかもしれません。

~実はハッチバックモデルだけでなくクロスオーバーモデルも登場する?~

これまで数多く目撃されてきた新型「フィット4」の開発車両ですが、このモデルに関してスタンダードなハッチバックモデルと、少し車高をアップさせたクロスオーバーモデルの2種類がラインナップされるかもしれないとの情報も。

これまで何度か目撃されてきた個体は、ほとんどがクロスオーバーモデルであったことが判明しており、今後はハッチバックモデルの開発車両もテスト走行を行っていくのではないかと推測されていました。

目撃されている開発車両を見ていくと、細いAピラーと大きなフロントクォーターウィンドウが確認でき、ボディラインは非常に滑らかで曲線的ですが、後席の居住性を確保するためにリヤハッチにかけてルーフラインもフラットになっています。
あとはクロスオーバー専用のオプションもしくは標準装備のルーフレールも確認できますね。
ハッチバックモデルではこのルーフレールが設定されないかもしれません。

改めてライトが点灯したときの新型「フィット4」。
ライトのデザインは先進的というよりは、ちょっと旧世代に近い印象で、フロントヘッドライトのデザインはトヨタ「アクア」っぽくも見えます。

~似てる部分もあれば異なる部分もある謎のレンダリングも~

数多くの開発車両が目撃される中で新たに登場したのがこちらの完成予想レンダリング。
開発車両と比較してみると、フロントバンパー・グリルはかなり異なっていて、レンダリングのフロントグリルはブラックのなだらかなバーが設けられているものの、開発車両のほうは2本の細いバーが設けられています。

更にはフロントロアからサイドのフロントフォグランプにかけてのグリルも大きく異なっており、似ているようでかなり異なっている部分が多いように感じられます(ちなみに開発車両ではフォグランプは無し)。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプは開発車両とかなり似ているように思いますね。
現行モデルでは縦型のリヤテールだったので、新型では横型のフラットなデザインに変更というのはちょっと違和感がありますが、このあたりもすぐに見慣れてくるのではないかと思います。

なお、これら以外の部分で最も気になったのはブラックのプラスチック部分があまりにも少ないこと。
殆どが同色素地のボディパネルを使用しているように感じられ、フロント・リヤのロア部分に使用されるブラックのプラスチックはかなり控えめとなっています。

~エンジンはダウンサイジング化&低燃費~

気になるパワートレインですが、今回のフルモデルチェンジによりエンジンを更にダウンサイジング&コンパクトにした排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載したガソリンモデルと、排気量1.5Lのガソリンエンジン+新世代ハイブリッドシステムとなる”i-MMD”と呼ばれるデュアルモータの2種類が設定されます。

これに加えてEVモデルもラインナップされる?との噂が浮上していて、航続可能距離が約300kmと、シボレー「ボルト」やテスラ「モデル3」よりスペックは低いものの、電気自動車特有のよりトルクフルな走りを実現できるかもしれません。

~現行「フィット3」は9月でオーダーストップに~

新型「フィット4」の発売は今秋を予定していますが、その一方で現行モデルとなる「フィット3」は、9月いっぱいでオーダーがストップするとのことで、既に選択できるボディカラーやオプション等も限られているとのこと(これはベストカーでも報告済み)。

前日私もホンダディーラにて確認してきたのですが、現在「フィット3」は在庫処分も含め大幅値引きセールを実施中とのことで、ナビ割はもちろんのこと、車両本体の大幅値引きも含め、(ディーラにもよりますが…)最大30万円も安く購入することができるとのことです(もちろん3年間のメンテナンスパック付)。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう