2020年モデルのマイナーチェンジ版・ホンダ新型「フリード」の開発車両が日本国内にて目撃に。ディーラでも変更内を確認してきた

2019-08-19

~マイナーチェンジに向けた新型「フリード」の開発車両が登場~

2019年秋頃よりマイナーチェンジを控える、2020年モデルのマイナーチェンジ版・ホンダ新型「フリード(Honda Freed)」が、日本国内の某高速道路にて目撃されています(画像を提供いただけたR様に心より感謝申し上げます!)。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、ダズル迷彩にてカモフラージュされているのは、フロントバンパーとリヤロアバンパーの一部のみ。
つまり、今回のマイナーチェンジは小変更レベルにとどまる可能性が非常に高そうですね。

スポンサーリンク

~デザイン変更は最小限に留まる?~

もう少し接近して撮影された開発車両のリヤデザイン。
ナンバーはテスト走行用に仮ナンバーが貼付され、足もとのホイールは開発用としてブラックペイント処理済み。
そしてリヤエンドにてカモフラージュされているのはリヤロアバンパーのみで、リヤテールランプの形状やデザインの変更は特に無さそうですね。

こちらはほんの一部ではあるものの、カモフラージュされたフロントエンドも上手く撮影されています。
フロントエンドはさすがに全体がカモフラージュされていて、フロントバンパーやグリル等のデザインが変更される可能性が高く、しかしフロントヘッドライトは特にカモフラージュされていないことを考えると、表情もそこまで大きく変わることは無さそうですね。

~せっかくなのでディーラでもこぼれ話程度に新情報を入手してきた~

ちなみに、今回の新型「フリード」のマイナーチェンジについて、いつもお世話になっているホンダ・ディーラのセールスさんに確認したみたところ、今回のマイナーチェンジは本当に小規模レベルで、フロントデザインは一部変更されるもののヘッドライトはほぼ現行のままとなる単眼プロジェクタを採用するようです。

エンジンについては、ダウンサイジング化された1.0L 直列3気筒ターボエンジンや、1.5Lエンジン+2基の電気モータを組合わせたi-MMDが採用される?といった噂が流れていますが、そういった変更は一切なく、従来通り1.5L自然吸気エンジンと、1.5Lエンジン+1基の電気モータを組合わせたi-DCDのままになることで決定。

加えて安全装備については、現在標準装備されている8種類のHonda SENSINGに加えて、「後方誤発進抑制機能」と「オートハイビーム」が追加で標準装備されるとのこと(つまり現行「N-BOX」と同じ装備内容)。

ただ、新型「N-WGN/N-WGN Custom」にて新たに追加された「アダプティブクルーズコントロール(ACC)+渋滞時追従機能(完全停止対応)」と「衝突軽減ブレーキ(CMBS)+横断自転車検知機能」、そして「衝突軽減ブレーキ(CMBS)+無街灯歩行者認識」の追加については一切聞いていないとのことで、もしかすると安全装備レベルは新型「N-WGN」に劣る可能性が高そうです。

とりあえず、現時点で判明している新型「フリード」のHonda SENSINGの標準装備内容は以下の通り。

【新型「フリード」Honda SENSING装備内容】

衝突軽減ブレーキ(CMBS):前走車、対向車、歩行者と衝突回避を支援
誤発進抑制機能:不注意による急発進を防止し注意を喚起
歩行者事故低減ステアリング:歩行者との衝突回避を支援
路外逸脱抑制機能:車線を検知し、はみ出さないように支援
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC):適切な車間を保ち、運転負荷を軽減
車線維持システム(LKAS):車線内を走行できるようにステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能:停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
標識認識機能:標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援
[NEW]後方誤発進抑制機能:不注意による急な後退を防止し注意を喚起
[NEW]オートハイビーム:対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切替え

あと、現行「フリード」のパーキングブレーキは足踏み式になっているかと思いますが、このあたりは電動パーキングが設定されることなく、足踏み式のままになるそうで、聞けば聞くほどに今回のマイナーチェンジは”一部改良”レベルと言っても良いかもしれませんね。

価格帯や発表時期、見積もり開始時期などについてはまだ何も明らかになっていませんが、この辺りも詳細の情報が判明次第、当ブログにて展開していきたいと思います。

▽▼▽新型「フリード」マイナーチェンジ詳細情報はコチラ!▽▼▽

☆★☆ホンダ・新型モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう