メガスーパーカーモーターショー2019に行ってきた!ブガッティ「シロン」他計12億円のサウンドを解き放つ。サプライズでドバイの2大ハイパーカーもお買い上げへ【動画有】

2019-08-13

~終始興奮しっぱなしのメガスーパーカーモーターショー2019に行ってきた!~

さて、本日7月19日(金)、福岡県はマリンメッセ福岡にて開催中のメガスーパーカーモーターショー2019に行ってきました!
以前からどうしても行きたかったスーパーカー/ハイパーカーの特別イベントですが、芝浦グループホールディングス主催ということもあって、館内でのエキゾーストサウンド(空ぶかし)は他のイベントでは絶対行えないため、こうした非現実的な世界観を堪能できるのもメガスーパーカーモーターショーだけだと思います。

それでは早速、どのようなイベントだったかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

~入口で出迎えてくれるのはお出迎えダンスを披露してくれるテスラ「モデルX」~

今回は取材という形で特別早めに別の棟から入館させていただきましたが、一般にて入館される方々は、まず入り口に出迎えてくれるアメリカの100%電気自動車モデル・テスラ「モデルX」のお出迎えダンスを堪能してください。

ちなみにこちら、テスラの隠しコマンドで「Tesla Holiday Show」と呼ばれるイースターエッグが隠されていて、「モデルX」の特徴でもあるファルコンドアを使って拍手を誘いながらダンスを披露してくれます。

テスラの遊び心溢れる隠しコマンドではありますが、こうした技術もテスラにしかできないこともかもしれません。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】テスラ「モデルX」が入口にお出迎え】

~ブース中央にはランボルギーニの歴代フラッグシップモデルたちがお出迎え~

テスラを堪能したあとは、ランボルギーニの歴代V12エンジン搭載モデルたちが、ドアを上にあげて(シザードア)お出迎え。

まずは1970年代のスーパーカーブームの火付け役となった「カウンタック」をベースに、ランボルギーニの創立25周年を記念して657台製造された「カウンタック25th Anniversary Edition」

こちらは「カウンタック」の後継モデルとなる一台で、更にはハイパフォーマンス仕様で僅か343台のみ製造された希少モデルのランボルギーニ「ディアブロSV」

これもまた希少なランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスター」
後期仕様LP640-4でおまけにオープンタイプのロードスターというのは中々お目にかかれるものではありません。
しかもかなりド派手なイエローカラーですから、この個体のインパクトは相当なものだと思います。

テレビ局の方も良い表情で驚いてますね。

そしてこちらが現在のランボルギーニのフラッグシップモデルでハイパフォーマンスモデルとなる「アヴェンタドールSVロードスター」
クーペタイプが世界限定600台のみで、このロードスターは更に100台少ない500台のみ販売された個体となります。
なお、先ほど歴代シザードアモデルのなかで、唯一ドアが若干斜めにして開くのが「アヴェンタドール」のみ。それ以前のモデルたちは敢えてドアヒンジに負荷がかかる垂直縦開きとなっています。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニ歴代V12モデル「カウンタック/ディアブロ/ムルシエラゴ/アヴェンタドール」】

▽▼▽関連記事▽▼▽

~オープニングセレモニーにて、とんでもないサプライズ発表が!~

10時より開始したオープニングセレモニーにて、メガスーパーカーモーターショー2019主催の芝浦グループホールディングスCEOである新地哲己 氏より、ご挨拶の言葉とモーターショー開催の経緯を説明した後、とんでもないサプライズ発表がありました。

それが、先月6月に2大ハイパーカーメーカが存在するデヴェル・モータースとWモータースに訪問し、それぞれのモデルを仕様決め・契約をしてきたとのこと。
一体どのようなモデルを契約してきたのか、早速見ていきましょう。

デヴェル・モータース「デヴェル・シックスティーン」

まずはアノ”5,000馬力の戦闘機”でお馴染みのデヴェル・モータースが発売した「デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)」
何とこのモデルを日本で一番最初にオーダーしたのが新地哲己 氏とのこと。

グレードは環境法規制や冷却効率の関係でスペックが変動し、排気量12.0L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力3,000hpを発揮する個体とのこと。

新地 氏とも直接お話しさせていただきましたが、こちらの個体は納期が約2年とのことで、加えてオプションがとんでもなく高額であり、気になる価格帯は込々で約5億円~6億円になるとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、今回のメガスーパーカーモーターショー2019でもデヴェル・モータースの代表取締役社長であるマジッド・アル・アッタール氏も特別に出席。
細かい仕様についても説明していました。

Wモータース「フェニア・スーパースポーツ」

そしてもう一つが、何とワイルドスピードにも”空飛ぶ車”として登場したWモータース「ライカン・ハイパースポーツ」の弟分「フェニア・スーパースポーツ(Fenyr Super Sport)」のローンチエディション。
こちらの個体は世界限定10台のみということで、新地 氏が特別オーダーしたイエローカーボンボディの個体となります。

こちらもとにかくオプションが高額となるため、込々として約3億円となり、納期は2021年の夏ごろを予定。
先ほどの「デヴェル・シックスティーン」と組み合わせると総額9億円というとんでもない金額となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに、Wモータースの会長兼CEOであるラルフ・R・デバス氏も、今回のメガスーパーカーモーターショー2019にて特別に出席。

何とドバイのスーパーカー達が東京にやってくる?!

上記のとんでもハイパーカーですが、これらが揃うのが2021年の夏ごろということで、芝浦グループホールディングスは、2020年のメガスーパーカーモーターショーを開催せず(東京オリンピックが開催されるため)、2021年の夏ごろを目標に関東の幕張メッセもしくは東京ビッグサイトにてメガスーパーカーモーター2021を開催する予定で(まだ決定ではない!)、先ほどの「デヴェル・シックスティーン/フェニア・スーパースポーツ」を出展する予定となっています。

正直、これはとんでもないことなので、開催されれば是非とも県外からもたくさん方に足を運んでほしいですね!

ちなみに、以下がそのプレスリリース動画となっています。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】オープニングセレモニー・サプライズ発表!デヴェル・シックスティーンとWモータース「フェニア・スーパースポーツ」をオーダー!】

~いよいよメインイベント!合計12億円のハイパーカー達がアンヴェール~

ブガッティ「シロン」

衝撃のプレスリリース後、遂に今回の目立ともいえる計12億円ものハイパーカー達が登場。
まずはブガッティ「シロン」。
世界限定500台のみ販売された個体で、日本にて一番最初に納車されたのがこちらの「シロン」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

オプション費用は約6,000万円とのことで、総額約4億円。
パワートレインは、排気量8.0L W型16気筒クワッドターボというとんでもないエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮するハイパーカーとなります。
以前、ブガッティ「シロン」を所有するオーナー5選の記事でもご紹介した1台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」

こちらもかなり希少となるブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」
日本に正規輸入された個体は僅か2台で、その内の一台となりますが、その価格は約3億円と「シロン」に次ぐ超高額モデルとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ケーニグセグ「アゲーラRSR」

こちらは日本でしか納車されていない”日本限定3台のみ”となるケーニグセグ「アゲーラRSR」
世界限定25台のみとなるハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS」の更なる限定車種(つまり25台中の3台が日本限定モデル)となりますが、その内の1台がコレ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

以前、ケーニグセグを所有するオーナー5選でもご紹介した一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

パガーニ「ウアイラ・テンペスタ」

こちらはパガーニ「ウアイラ・テンペスタ」
実は今回のイベントにて芝浦グループがオーダーしたのは日本1号車となるオープンモデル「ウアイラ・ロードスター」だったとのことですが、納期の関係で間に合わなくなり、急きょ「ウアイラ・テンペスタ」を準備したそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

このあとは各モデルたちのエキゾーストサウンドを披露。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ブガッティ「シロン」のエキゾーストサウンド【世界限定500台】】

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ブガッティ「ヴェイロン16.4グランドスポーツ」とパガーニ「ウアイラ・テンペスタ」のエキゾーストサウンド】

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ケーニグセグ「アゲーラRSR」のエキゾーストサウンド】

~その他の展示車両もみていこう~

今回のイベントでは、九州をはじめとする各種ディーラからも協賛出展されています。
※各モデルの特集記事は後ほど公開!

まずはランボルギーニ福岡さん。
出展車両は「アヴェンタドールSVJ/ウラカン・スーパートロフェオ/ウルス」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはマクラーレン福岡さん。
出展車両は「720Sスパイダー/570Sスパイダー/570GT」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはプジョー福岡さんとシトロエン福岡さん、そしてDSストア福岡さん。
出展車両は「508/3008/308」等多数。

こちらはバージョングループのアルファロメオ。
出展車両は「ジュリア/4C/ステルヴィオ」。

こちらはアストンマーティン福岡さん。
出展車両は「DBSスーパーレッジェーラ/DB11/ヴァンテージ」。

こちらはアウディ板付さん。
出展車両は「TT RS/A6」等多数。

こちらはかなりのインパクトを残してくれたバージョングループのベントレー。
出展車両は「コンチネンタルGT/ベンテイガ」。

こちらはバルコムBMW福岡/博多さん。
出展車両は「i8/M850iカブリオレ/M4カブリオレ」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはキャデラック板付・博多さん。
出展車両は「CT6/エスカレード」。

ワイルドスピード特別ブースもありますね。
何と映画のシーンに登場するマクラーレン「720S」も!

こちらはシボレー板付・博多さん。
出展車両は「コルベット/カマロ」。

コチラはジャガー・ランドローバー福岡さん。
出展車両は「I-Pace/XJ/レンジローバー・イヴォーク/レンジローバー・スポーツ」。

こちらもバージョングルのロールスロイス。
出展車両は「カリナン」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらもバージョングループのマセラティ。
出展車両は「グランカブリオ/レヴァンテ/ギブリ」。

そして最後はポルシェセンター福岡さん。
出展車両は「718ケイマン/718ボクスター/マカン/パナメーラ」。

一通り車両を見終えたらVIPラウンジへ。
VIPチケットを購入されている方は、こうした軽食をいただけますし、アルコール類も頂くことが可能。

~その他の展示車両は以下のリンクにて追加中!~

~メガスーパーカーモーターショーに行って本当に良かった~

興奮冷めやらぬ状態ではありますが、企業主催にてこうしたイベントが開催されるのは非常に珍しいことですし、大人から子供まで興奮することは間違いなし。
正直このブログを書いている今でも、まだ興奮が収まっていません。

メガスーパーカーモーターショーの開催目的は、子供たちに夢を与え、子供たちの笑顔を見ることがメインとなっています。
もちろん、大人も楽しめるイベントになっていますし、出展だけでなくエンターテイメントも充実した内容になっています(軽く言ってしまえばマジで楽しい!)。

今回はダイジェスト版という形にてメガスーパーカーモーターショー2019の模様をお伝えしましたが、この後メーカ別等、ハイパーカー特集記事も続々と公開していきたいと思いますので、是非ともチェックしてください(本記事内にも多数リンクを貼付していきます)。

ブガッティ・ヴェイロン&シロン:「それでは!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう