2019年モデル・トヨタ新型SUV「フォーチュナーTRDスポルティーボ」が9月発売へ!三菱・新型「パジェロ・スポーツ」に対抗か

~かなり戦闘力の高そうな大型SUVが9月発売へ!~

トヨタがインド市場向けに2016年11月に発表した3列7人乗りの大型スポーツSUV「フォーチュナー(Fortuner)」ですが、このモデルをベースにした更なるスポーティな外観を得る新型「フォーチュナーTRDスポルティーボ(Fortuner TRD Sportivo)」が9月に発売されることがわかりました。

「フォーチュナー」は、インド市場では毎月1,500台程売り上げる大人気SUVで、販売チャネルとしてはToyota Kirloskar Motorとなり、先日発表された2020年モデル・新型ラグジュアリーミニバン「ヴェルファイア(Vellfire)」も併せて販売されることとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~その外観はメリハリの強い2トーン仕様に~

「フォーチュナーTRDスポルティーボ」は、トヨタ社内のチューニングチーム・トヨタレーシング開発部門によって特別に開発された一台で、外観においてはTRDカスタムによるエアロキットパーツやアルミホイール、ピラー周りのブラック塗装、そしてホワイトを基調としたボディカラーとブラックのアクセントを加味した2トーン仕様にすることで全体的に引き締まりとスポーティを強調したクールな一台となっています。

競合モデルについては明らかにされていませんが、先日完全リークした三菱の新型スポーツSUV「パジェロ・スポーツ」に対抗できる究極の一台かもしれません。

なお、TRDスポルティーボの外観は、その市場によってバリエーションが異なるということで、それぞれの地域によって味の異なるモデルになるというのもちょっと面白いところ(具体的なことはまだリリースされていませんが…)。

インテリアについては、8way式電動パワーレザーシートやナビゲーション付7インチタッチスクリーンインフォテイメントシステム、JBL製11スピーカーオーディオシステム、エンジンスタート/ストップスイッチ(レッドのTRDブランディング付もしくはカーボンファイバ製)、リヤビューカメラ/&パワーテールゲートケブラートリムといった豪華な装備内容となっています。

~エンジンは大きく2種類、価格は約548万円から~

その他気になるポイントとしては足回りで、TRD専用ショックアブソーバーを装着し、乗り心地をよりシャープでカタメに仕上げているとのことですが、3列7人乗りSUVモデルでそれだけカタメに設定する個体も珍しいので是非とも試乗してみたいところですね。
なおパワートレインに変更はなく、排気量2.8L 直列4気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力177ps)と、排気量2.7L 直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力166ps)の2種類がラインナップされるとのことです。

価格帯については、約548万円からの販売になるとのことです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう