2020年モデル・スバル新型「レガシイ(Legacy)」の実車インプレッション!まずは質感がアップしたインテリアを見ていこう

2019-07-21

~新型「レガシィ」のインテリアは想像に質感が高かった!~

先日、アメリカ市場にて正式に発売スタートし、正式なグレード別価格帯も明確になった2020年モデルのスバル・新型「レガシィ(Legacy)/アウトバック(Outback)」ですが、今回は新型「レガシィ」のインテリアの質感がどれほどのものなのか、実車を見ていきながらのインプレッションをしていきたいと思います。

意外にそこまで大きくとり上げられていない新型「レガシィ」ですが、今回のフルモデルチェンジによりその質感は大幅にアップするだけでなく、何よりもセンターに設けられた11.6インチの大型ディスプレイ(一部グレードのみ)は非常に操作性が高くなり、レイアウト的には新型「プリウス/プリウスPHV」のような感じに変化しましたね。

それでは早速新型「レガシィ」のインテリアを細かく見ていきましょう。

▽▼▽エクステリア編はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「レガシィ」のインテリアを見ていこう~

まずは運転席周り。
気になる運転席側のTFTマルチカラー採用のインフォテイメントシステムやメータ類を見ていくと、一応フルデジタルなのですが、メータ類はアナログ風に上手く表現していますね。
この辺りの時代の変化に敢えて合わせることなく、スバル本来の昔ながらのデザイン性をうまく踏襲し、必要最低限にデジタルを採用しているところは好印象を受けます。

またステアリングにはインフォメーションシステムを操作するためのスイッチ類はもちろんのこと、オーディオ設定、ブルートゥース、そしてこれは既に定番となっているパドルシフトもしっかりと装備されています。

ちなみに、今回インプレッションしている個体は、最上位グレードの「レガシィ・ツーリングXT」で、その価格帯は約387万円からとなります。

少し角度を変えてみましょう。
ステアリング調整は全グレード共通で手動調整となっていますね。
ステアリングの位置は上下・前後を対応可能としたチルト&テレスコピックを採用しています。

こちらは助手席側のダッシュボード。
上質なナッパーレザーを採用することで高級感を演出。
ブラックではなく、敢えて大人の渋さが際立つキャメル(タン?)系がオーダーできるというのが良いですね。高齢男性ウケを狙ったデザインでしょう。

こちらはセンターコンソール。
コンソールパネルはピアノブラック調でシックに抑えられ、シフトノブにはしっかりとシフトブーツを設けることで高級感を加味。
加えて左斜め上には先代から受け継ぐ電子パーキングが搭載されています。

そしてコチラが最も注目すべき11.6インチの大型インフォテイメントディスプレイ。
エントリーグレードよりも上位となる「プレミアム」から標準装備されるものですが、これだけで一体いくらするのかが気になるところ。

なお操作方法としては基本的にタッチパネル方式で、両サイドにあるエアコン類のスイッチは全て物理スイッチ式であり、音量やチューナーもつまみ式。
但し、その下にあるエアコンのメータ類や風向等はタッチパネル方式になっているので、物理スイッチに慣れ親しんだ方にとってはちょっと扱いにくいかもしれません。

こちらは後部座席。
いや…かなり広いですよコレ。
足もとのスペースが大きく確保され、シートにもしっかりと深くまで座れるようになっていますね。
シート生地も上質なナッパーレザーを採用しているわけですから、そのグレード名称にもある通り長距離にも適したまさにツーリング仕様の一台となっています。

~改めて新型「レガシィ」のグレード別価格帯をおさらいしよう~

最後に、おさらいも兼ねて2020年モデルの新型「レガシィ」のグレード別(全6種類)価格帯は以下の通りとなります。

【新型「レガシィ」グレード別価格帯一覧】

[2.5L 4気筒エンジン搭載車]
・レガシィ・エントリグレード:約245万円

・レガシィ・プレミアム:約269万円
・レガシィ・スポーツ:約290万円

・レガシィ・リミテッド:約320万円

[2.4L 4気筒ターボ搭載車]
・レガシイ・リミテッドXT:約368万円

・レガシィ・ツーリングXT:約387万円

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう