2021年フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」の統合化やエンジン構成は本当なのかトヨタディーラにて確認してきた!何とGRスポーツの可能性も…?!

~次期「ノア/ヴォクシー」のフルモデルチェンジ情報。早速ディーラにて確認してきた~

さて、かなり大きな反響を呼んでいる2021年にフルモデルチェンジ予定となっているトヨタの次期ミニバンモデル・新型「ノア(Noah)/ヴォクシー(Voxy)」の統合化について。
自動車ニュースサイト・ベストカーの情報をもとに、外観のコンセプトや車格、エンジンラインナップ等予想される情報を諸々と公開してきましたが、そもそも本当に2021年にフルモデルチェンジを果たすのか、本当に2モデルが統合されエンジンも一新するのかを、いつもお世話になっているトヨタ・ディーラにて確認してきました!

ちょっと思いがけない情報も得られたりしたので、こちらについても併せて公開していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ゆくゆくは「ノア/ヴォク」ではなっく「ノアヴォク/エスクァイア」に?~

まず、販売チャネルの統合に合わせたラインナップの整理についてですが、これについてはトヨタ・ディーラとしてもある程度は認識しているそうで、販売チャネルの統合化と前倒しはもちろんのこと、次期「ノア/ヴォクシー(以下、ノアヴォク)」が一本化することで、「エスクァイア」並みもしくはそれ以上の品質と高級感、そして充実した装備内容になるとのことで、価格アップはもちろん、「ノアヴォク/エスクァイア」の差別化が難しくなとのこと。

そして「ノア/ヴォクシー」というラインナップから、「ノアヴォク/エスクァイア」という2つのラインナップに整理され、どちらか好みのモデルを選択するという流れになるのではないか?とのことでした。
多分価格帯もほぼ同じになると推測。

なおサイズ感においても、5ナンバーミニバンの特徴を崩すことなく、全幅は1,695mm、全高1,800mm超というキープコンセプトを守り、加えて室内空間も3列シートレイアウトにて攻勢を図ることは間違いなさそうです。

~スタンダード/カスタムだけでなく、GRスポーツの可能性も?!~

続いて気になるラインナップ構成についてですが、ベストカーでは次期「ノアヴォク」が、ダイハツ・新型「タント/タント・カスタム」のようにスタンダード仕様とカスタム仕様の2種類にラインナップされる?という内容ですが、これについては次期「アルファード/ヴェルファイア」の統合モデル同様に、2種類にラインナップされていく可能性が高いとのことでした。

また、時期については明確になっていないものの、2021年よりも半年以上遅れたタイミングにて「ノアヴォク」のGRスポーツモデルも登場するかもしれないとのことで、その見た目はスタンダードやカスタムよりも更に過激になり、レッドのアクセントが追加され、引き締まりのある外観に仕上がるのではないか?とのことでした。

最後にエンジンラインナップについては、これはセールスさんもかなり渋い表情をしていましたが、絶対とは言い切れないものの、基本的にはトヨタ・レクサスの新開発となる2.0L 直列4気筒直噴エンジンをベースに、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類がラインナップされると予想していて、スタンダードとカスタムにそれぞれ2種類のエンジンが準備されることになるだろうとのことでした。

なお、気になるGRスポーツモデルについては、ハイブリッドの可能性は限りなく低く、これまでの流れを鑑みて2.0L 直列4気筒直噴エンジンのみになる可能性が高いとのことでした。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう