【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニの歴代V12モデル「カウンタック/ディアブロ/ムルシエラゴ/アヴェンタドール」の空ぶかしを体感してきた!轟音過ぎて鼓膜がやられてしまった件【動画有】

2019-07-23

~スーパーカーの存在を大きく知らしめたランボルギーニのV12モデルたちを見ていこう~

7月19日(金)~7月22日(月)までマリンメッセ福岡にて開催中のメガスーパーカーモーターショー2019。
初日の7月19日(金)に特別取材させていただき、どこよりも早く、そして細かく本会場のレポートをお届けしております

本イベントは、芝浦グループホールディングス社主催にて行われているもので、出展車両のエキゾーストサウンド(空ぶかし)パフォーマンスも行われ、目で楽しむだけでなく耳でも楽しめる大興奮のイベントとなっています。

今回はメガスーパーカーモーターショーの中心的な存在となるランボルギーニのV12ヒストリーエリアをご紹介。
ランボルギーニの歴代V12モデル&スーパーカー世代のきっかけとなるドアが上に開くシザードア(ガルウィングドア)を堪能し、更には全てのエキゾーストサウンドを体感できる贅沢過ぎる内容となっています(過激なエキゾーストサウンドたちは一番下の動画にて公開しています)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~メガスーパーカーモーターショーを楽しむなら、まずはランボルギーニから!~

Entry 1. 「カウンタック25th Anniversary Edition」

まずは1970年代のスーパーカーブームの火付け役となった「カウンタック」をベースに、ランボルギーニの創立25周年を記念して657台製造された「カウンタック25th Anniversary Edition」

ドアが垂直にオープンするシザードアはもちろんのこと、空力特性を考慮したリトラクタブルヘッドライトも非常に懐かしいですね。

ちなみにこの「カウンタック25th Anniversary Edition」、歴代「カウンタック」の中でも強力な5000QVをベースにしたものであり、更にはイタリアのハイパーカーメーカ・パガーニCEOであるオラチオ・パガーニ氏がデザインした伝説の一台。

インテリアについても、当時のスーパーカーでは珍しいパワーウィンドウやパワーシートも備わっていて、パワフルな仕様だけでなく実用性とパワフルなエアコンとハイパフォーマンスなオーディオが採用された快適性にもこだわった一台となっていました。

Entry 2. 「ディアブロSV」

続いては、「カウンタック」の後継モデルとなる一台で、更にはハイパフォーマンス仕様で僅か343台のみ製造された希少モデルのランボルギーニ「ディアブロSV」

その鮮やかでスポーティなブルーとイエローのセンターストライプ、そして常識破りともいえるビッグサイズの”SV”ステッカーは、後の「ムルシエラゴ」や「アヴェンタドール」にも引き継がれる衝撃的なデザインとなっています。

一番下の動画でも確認できますが、そのエキゾーストサウンドはとんでもなくクレイジーで、まるでレーシングカーの空ぶかしを聞いているような感じ。
本気で鼓膜がやられそうな程でした…でも、そのやられそうな先にある快感が得られるのもランボルギーニの魅力の一つでもあります(ただの変態?)。

Entry 3. 「ムルシエラゴ・ロードスター」

歴代V12モデルの中で圧倒的な轟音を奏でていたランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスター」
後期仕様のLP640-4でおまけにオープンタイプのロードスターというのは中々お目にかかれるものではありません。
しかもかなりド派手なイエローカラーですから、この個体のインパクトは相当なものだと思います。

先述にもある通り、以下の動画にてその轟音を確認することができますが、こればっかりは本気で鼓膜がやられるとか、そんな次元の話ではありません。

ランボルギーニと言えば空ぶかし。そのイメージを更に定着させる究極の一台だと思います。

Entry 4. 「アヴェンタドールSVロードスター」

そして最後が、現在のランボルギーニのフラッグシップモデルでハイパフォーマンスモデルとなる「アヴェンタドールSVロードスター」

クーペタイプが世界限定600台のみで、このロードスターは更に100台少ない500台のみ販売された個体となります。

なお、先ほどの歴代シザードアモデルのなかで、唯一ドアが若干斜めにして開くのが「アヴェンタドール」のみ。
それ以前のモデルたちは敢えてドアヒンジに負荷がかかる垂直縦開きとなっています。

「アヴェンタドールSVロードスター」は、クーペ同様に排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力は驚異の750psを発揮。世界限定モデル「ヴェネーノ」と同じスペックとなります。

リヤフェンダーには、「ディアブロSV」の名残を残すビッグ”SV”ロゴステッカーを貼付。
このオプションだけで約80万円程、ペイントであれば100万円以上の超高額オプションとなります。

~鼓膜がやられる準備はできてるか?~

以上の歴代V12モデルたちが奏でる過激なエキゾーストサウンドを以下の動画にて確認していきましょう。
イヤホン装着&大音量必須で快感の世界へ!

 【【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニ「アヴェンタドール/ムルシエラゴ/ディアブロ/カウンタック」エキゾーストサウンド】

☆★☆メガスーパーカーモーターショー2019関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう