スバル・新型「アウトバック」の実車インプレッション。内装の質感ヤバい…後席も広々で高級車並みの室内空間を提供

2019-07-24

~やはり力を入れているモデルだけあって室内は桁違いに上質~

先日、アメリカ市場にて発売スタートしたばかりとなるスバルの新型「レガシィ(Legacy)/アウトバック(Outback)」。
以前、新型「レガシィ」の内外装の実車インプレッション記事を公開しましたが、今回は新型SUVモデル「アウトバック」の内装インプレッションを行っていきたいと思います。

今回で6代目を迎える新型「アウトバック」ですが、「レガシィ」のSUV系ということで基本的には「レガシィをリフトアップしたモデル」という印象。
外観はともかく、インテリアはほぼ「レガシィ」と共通化しているため大きな違いはないのですが、やはりその室内空間はもちろんのこと、上位グレードにのみ設定可能なナッパーレザーを用いた上質な素材は国産モデルとは思えない程。

上の画像の様に、後席から覗き込んだデザインを見ても、キャメル(タン?)系のナッパレザーを用いたトリムが良い味を醸し出していて大人空間を提供します。
早速細かい部分のインプレッションをしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速室内のインプレッションをして行こう~

今回実車インプレッションしている個体のグレードは、最上位グレードとなる「アウトバック・ツーリングXT」。「レガシィ」の最上位グレードも同様の名称となっていますね。
まずは助手席から見る運転席周り。

かなり上質感が伺える装備内容となっていますが、最も気になるのはそのシートの座り心地でしょうか。
個人的な感想として、スバルのシートは”ロングドライブ”をモチーフしているため比較的カタメの印象を受けており、長時間運転していても全く疲れないイメージがありますが、ナッパーレザーを採用したシートとなると、そのカタサが際立つのか、それとも若干の柔らかさを残した上品なものになっているのかが気になるところです。

~タッチパネルも大事だが、物理スイッチの重要性も改めて再確認できる~

こちらが例の11.6インチインフォメーションディスプレイ。
上位グレードに設定されるもので、エントリーグレードは7インチのコンパクトなディスプレイとなります。

ナビゲーションは基本的にタブレットタイプの縦長で、エアコンの風量と温度、そして音量調整とチューニング以外は全てタッチパネルになっていますね。
個人的にはエアコンの風向も物理スイッチにしてほしかったなぁというのが正直なところ。

操作性を向上させるためには、ブラインドタッチできることが必須だと思っているので、これだとスイッチを押した感じがしないタッチパネルだと、わざわざ顔を下に向けて操作しなければならないのでちょっと億劫ではありますね。

こちらはシフトノブ周り。
基本的には「レガシィ」と共通なので特に気になるポイントは無いのですが、やはりピアノブラック調のオーナメントパネルと、シフトブーツ、電動パーキングブレーキが標準というのは嬉しいポイントですね(何よりも上質!)。

そしてこちらは後席の内ドア周り。
キャメル系のレザーとブラックの配色が絶妙で高級が凄いですね…「これ、本当にスバルなの?」とちょっと疑ってしまう程。

~後席スペースはとにかく広い!~

そしてやっぱり一番注目したいのが後席のスペースの広さ。
身長が少し高めの男性が後席に座っても、膝先とシートバックのクリアランスはコブシ1.5個分ほどでかなり余裕がありますよね。
天井もそこまで低そうではなさそうですし、充実した快適な空間を提供しているように感じられます。

こちらは後席用のエアコンの吹き出し口周り。
後席シートヒータはもちろんのこと、充電用(2.1Aまで対応)コンセントも完備しているのがグッド。
後席に座る人達にも満足いく空間を提供してくる辺り、スバルの考えも大きく変わりつつあるのかもしれません。

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう