ランボルギーニ並みに過激かも…シボレー・新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8”ZR1”」のデザインはこうなる?というレンダリングが公開

~これで登場したら間違いなく売れるが…気になるのはやっぱり価格かも~

シボレーは先日、衝撃的なスタイリングと実用性、パフォーマンス(6.2L V8エンジン搭載で0-100km/hの加速時間は3秒以下)、そしてとんでもなくコストパフォーマンスの高い新型ミドシップ・スーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」を世界初公開しましたが、今度は更なるハイパフォーマンスモデルの「コルベットC8 ZR1」が登場したら?という予想レンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、これまで数多くの一般車両からスーパーカーまでの完成予想図や派生版等を手掛けるX-Tomi Design氏で、過去に登場した「コルベットC7 ZR1」をベースにしながらも更にエクストリームなレンダリングを公開しています。

スポンサーリンク

~「コルベットC8 ZR1」はブガッティ「シロン」並みの加速力を持つ?~

今回公開されたレンダリングには、マイルドハイブリッドやPHV(プラグインハイブリッド)を搭載したモデルであるかは不明であるものの、エントリーモデルの「コルベットC8」よりも更にハイパワーで0-100km/hの加速時間もブガッティ「シロン」並みとなる2.5秒以下を実現可能とする一台になるかもしれないとして、ボディスタイルも更に過激でエアロダイナミクスを考慮したカーボンファイバパーツ(フルエアロやリヤウィング)をふんだんに使用しているとのこと。

改めてレンダリングをチェックしていくと、フロントフードにも大幅な設計変更を加え、空力特性の向上並びに軽量化のためにカーボンファイバパーツの採用、また足元にはBBSルックのマルチスポークタイプとなるグロスブラックペイント&イエローのアクセントを加味した大口径アルミホイールを装着していますね(これはとんでもなくカッコいい)。

なお、シボレーからは正式にZR1の市販化については明言していないものの、既に顧客からの要望も多いようで、市販化に至るのも時間の問題ではないかと推測。
価格帯も非常に気になるところですし、ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといったスーパースポーツメーカに一石を投じるダークホースとなることは間違いないでしょう。

☆★☆シボレー「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう