これは一体?マツダ「RX-8」のガワを被った謎の開発車両が目撃に。次期「RX-9」もしく全く新しいロータリーモデル?【動画有】

~またもや「RX-8」のガワを被る開発車両が登場~

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、マツダのロータリースポーツモデル「RX-8」のガワを被る謎の開発車両が登場。
恐らくマツダの次期ロータリースポーツモデルもしくは新型「RX-9」ではないかと考えますが、2017年12月に全く同じ開発車両が目撃されて以来、特にこれといった進展等も無いことから(少なくとも見た目だけ)、もしかすると最近になって開発を再開することになったのかもしれません。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ロータリーは開発優先度的にはそこまで高くない?~

今回目撃されている開発車両は、2019年初めより特許出願を行っていた新開発ロータリーのテスト作業を行っているものだと推測され、開発車両も一切カモフラージュを施していないものと、フロントエンドのみカモフラージュを施した謎の2台が登場しています。

なお、次期ロータリースポーツモデルには、2ロータリーエンジン+レンジエクステンダーを用いたハイブリッド仕様になると噂されていますが、実際マツダはロータリーエンジンの開発・研究を続けていることは明確にしており、しかし今後はSKYACTIV-Xやラージ群プラットフォーム、直6エンジンの開発・改良に力を入れていくことを考えると、とてもじゃないけどロータリーエンジンに資金を投入する余裕がない、とも説明していて、このモデルがどれだけの優先度になっているのかはちょっと不明なままとなっています。

なお、これは以前より噂されていますが、新開発ロータリエンジンは排気量1.6L 2ローターエンジン+レンジエクステンダーハイブリッドシステムによりシステム総出力は450hpを発揮するものと思われ、加えて車体重量はコンパクトカーよりも軽い1,200kg台に調整してくる可能性が高そう。

今回はとりあえずエンジンだけを載せ替えた開発車両だと思われますが、そもそも本当にロータリースポーツモデルが登場するかもわかりませんし、しかし映画「ワイルド・スピード」等の影響もあってRXが一躍人気になっていることも事実。
復活を待ち望むユーザーも多数いらっしゃるでしょうから、この辺りはマツダの創業100周年(2020年)を迎えるその時まで期待して待っているのもアリかもしれません。

【The Rotary Engine Is Finally Coming Back?? | MAZDA TESTING THE RX-8 ON THE NURBURGRING】

☆★☆マツダ・ロータリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう