ZOZOTOWN前澤友作 社長も所有するメルセデス「マイバッハSクラス」が2020年モデルとして新登場!一体何がどのように変わる?

~遂に出てきた2020年モデルの新型「マイバッハSクラス」のテストカー~

ZOZOTOWN CEOである前澤友作 社長も所有するメルセデスベンツの中でも最上位ブランドとなる4ドアセダンモデル「マイバッハSクラス(Maybach S Class)」ですが、遂に2020年モデルとして新たに登場するであろうそのための開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、フロントエンドのヴァーティカルバーが入ったパナメリカーナグリルが採用され、そこにクロームメッキ処理されることで高級感を演出することが予想されます。

スポンサーリンク

~とにかく全体的にデカくなることだけは断言できる~

改めて新型「マイバッハSクラス」の開発車両を見ていくと、カモフラージュも相当に分厚めなのでかなり分かりにくいですが、フロントエアインテークが設けられている上部に細目のLEDフロントヘッドライトが搭載され、更には非常に細くシームレスなLEDデイタイムランニングライトが点灯していることが確認できます。

サイドから見てみると、2020年モデルでの大きな変更点としては、やはりホイールベースの延長だと思われ、スタンダード仕様の「Sクラス」よりも圧倒的にロングで、更にリヤドアもかなり長いことがわかりますね(恐らく乗降り性を向上させるためだと思いますが…)。

なお、「マイバッハSクラス」の全長は5,462mmで、ホイールベースは3,365mmと十分に長く、スタンダードモデルよりもそれぞれ200mm長くなっているのですが、これ以上ロングになるとさすがにとり回し等も難しく、扱っている車両としてはリムジンに近いものがあるかもしれませんね。

~インテリアも今まで以上に上質でおもてなしを重視した内容に~

なおインテリアのスパイショットはありませんが、現行「Sクラス」のデザインを踏襲し、縦長のデジタルゲージクラスターや大規模なタッチスクリーンインフォテイメントシステムはもちろんのこと、超高級レザーやウッドトリム、メタリックアクセントも充実したラグジュアリーな内装になることは間違いないでしょう。

そして「マイバッハ・Sクラス」の醍醐味ともいえる後席スペースについては、広々とした足元に加え、エアバランスキャビンフレグランスシステムを備えた装備内容と、4ゾーンエリア自動気候制御システム、ソフトクローズドア、シルプレート、リヤテーブル、ホット/コールドカップホルダー、シャンペンフルート等、まさにおもてなしには必須ともいえる装備が充実していることは確実だと思います。

最後に気になるパワートレインについては、以前よりメルセデスベンツはV12エンジンを搭載することを取りやめていましたが、マイバッハについては特に言及していなかったため、これまで噂されてきた通り、排気量6.0L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力630ps/最大トルク1,000Nmを発揮することが予想されています。

☆★☆「Sクラス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう