日産が3枚目となるフルモデルチェンジ版・新型「ジューク(Juke)」の新たなティーザー画像を公開!今度はサイドビュー、リヤテールランプも明らかに

~日産から3枚目の新ティーザー画像がリリース~

2019年9月3日に世界初公開される日産のフルモデルチェンジ版・新型コンパクトクロスオーバー「ジューク(Nissan Juke)」ですが、このモデルに関する3つ目の新たなティーザー画像が公開されました。

1枚目はブーメラン形状から鋭いラインを描くLEDデイタイムランニングライトへと変更されたティーザー画像、2枚目はLEDデイタイムランニングライトとY字型のLEDフロントヘッドライトが点灯した状態でのフロントエンドをピックアップしたティーザー画像が公開されましたが、今回はサイドビューから見た新たなティーザー画像となっています。

早速ティーザー画像を見ていくと、例の鋭いLEDデイタイムランニングライトが点灯し、更にリヤテールランプが点灯していることも確認できますが、特にリヤテールランプは2本のラインを描いていることが確認できますね。

スポンサーリンク

~リヤテールランプは酷評のブーメラン形状を卒業~

こちらは過去に目撃された新型「ジューク」の開発車両のリヤエンドで、リヤテールランプは点灯していないものの、現行「キャッシュカイ」とは異なる2本線のLEDリヤテールランプになることが期待されています。

改めて最新のティーザー画像をチェックしていきましょう。
現行「ジューク」と比べてルーフの傾斜が少なく、中々にアグレッシブなリヤスポイラーが装着されていることも確認できますね。
現行モデルにて大きく懸念されていたリヤシートのレッグスペースが大きく改善される可能性が高そうですが、天井も少し高くなっていることを期待したいところ。

またリヤハッチウィンドウの角度もかなり寝かせていることから、トランクスペースも大きく確保されている可能性がありますね。

こちらは新型「ジューク」の開発車両のサイドビュー。
フロントフードの張り出しとAピラー角度、ルーフライン、リヤハッチも全てティーザー画像と一致していますね。
足もとのアルミホイールデザインを確認することはできませんが、Y字スポークの全く新しいスポーティなものが装着されていることを期待したいところです。

ちなみに以前のご報告の通り、先日日産ディーラのセールスさんとお話ししたところ、新型「ジューク」は2019年内の販売は無いとのことで、2020年3月までには発売する予定とのことです。

☆★☆新型「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう