遂に来た!水素燃料電池(FCV)を搭載するレクサス・新型「LS」の開発車両が目撃される。グリルデザインが変更される可能性も

~遂に「LS」の燃料電池車が登場する?~

レクサスのフラッグシップセダンモデル「LS」をベースにした水素燃料電池車(FCV)が登場するとの噂が以前から浮上していましたが、今回遂にその技術を搭載する開発車両がキャッチされています。

スポンサーリンク

~ガソリン&ハイブリッドモデルとの明確な差別化を図れるのはフロントグリル?~

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、ボディ全体に迷彩柄のカモフラージュラッピングが施されるも、基本的なデザインは現行「LS」と変わらないままで、三眼LEDフロントヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトが変更される可能性は限りなく低そう。

ただ、フロントのスピンドルグリルについては、「LS」独自の”L”を幾重にも重ねた複雑なデザインから、FCV専用のシンプルなグリルデザインへと変更される可能性が高く、そのため今回のようにスピンドルグリルの一部(上半分)がカモフラージュされていることを確認すると、現行「LS」と明確に差別化できるところがグリルデザインなのかな?と推測。

気になるパワートレインについてですが、2014年にトヨタより発売された「MIRAI(ミライ)」の燃料電池よりも更にアップグレードしていることは間違いなく、しかしどれだけアップグレードしているかは全くもって不明なままとなっています。

ただ、最近になって2020年の東京オリンピックの開催に合わせて、「MIRAI」も航続可能距離やプラットフォームをFF→FR方式へと変更させる次世代TNGAプラットフォームへと変更する考えもあるそうで、これによりスポーティな走りと刺激を求め、且つサスペンションもシャープ且つハードになり、クリーンな走りも実現できる一台になることが予想されていることから、この技術をFCVモデルの「LS」に搭載する可能性もあるかもしれませんね。

☆★☆トヨタ・レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう