シカゴにて、貴重なランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスターLP700-4ピレリ・エディション」がクラッシュ。ドライバの信号無視と過度な速度超過が原因に

~貴重な「アヴェンタドール・ピレリエディション」が無残な姿に…~

先週7月27日(土)の早朝4時頃、アメリカ・シカゴにてランボルギーニの限定モデル「アヴェンタドール・ロードスターLP700-4ピレリエディション(Lamborghini Aventador Roadster LP700-4 Pirelli Edition)」がクラッシュした模様。

地元警察の情報によると、「アヴェンタドール」を運転していた会社役員が赤信号を完全に無視したところ、反対車線から車が走行してきたため、そのクルマを避けようとしたところでコントロールを失ってしまいガードレールに突っ込んでしまったようです。

スポンサーリンク

~幸い怪我人はいなかったものの、「アヴェンタドール」はとんでもな修理費用がかかりそう~

また別の目撃者の情報によれば、「アヴェンタドール」を運転していたドライバがとんでもないスピード(厳密な速度は不明)にて走行していたとして、信号無視してクラッシュした交差点の現場よりも2つ手前の交差点から全ての信号を無視したとのこと。
幸い、この事故によるケガ人はいないとのことですが、「アヴェンタドール」のフロント部分は完全に大破してしまい、フロントの足周りも大きく損傷しているとのことで、修理費用はかなりかかるものと推測されます。

ちなみに、ピレリエディションは「アヴェンタドール」初の限定モデルとして販売され、1963年より始まるピレリとの協業を記念した一台でもあります。

そして外観においても、マットホワイト(ビアンコ・カノープス)のボディカラーに、艶ありのカーボンファイバルーフを設定した非常に豪華な装備内容になっていて、フロントエアインテークやトップルーフ、タイヤにはレッドのアクセントが加味されたスポーティな仕様となっています。

少し分かりにくいですが、足元についてはグロスブラックペイント処理されたアルミホイールに、レッドのブレーキキャリパを装備。
不謹慎ではありますが、この位置から見るマットホワイトの「アヴェンタドール」の色合いも非常に美しいですね(だからこそ今回の事故は非常に残念)。

☆★☆スーパーカー/スポーツカークラッシュ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう