完全リークしたフルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8(Golf 8)」がトヨタ「オーリス」に似ていると話題に。インテリアも改めてどうなるのか見てみよう

~新型「ゴルフ8」は意外にもアレに似ている?~

さて、先日プロモーションビデオもしくはCM撮影用として登場したフルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8(Volkswagen Golf 8)」が撮影され、SNSサイトを中心に完全リークしましたが、その高級感溢れるフロントデザインは、これまで登場してきた「ゴルフ・シリーズ」とは異なるデザイン言語を持っていることが確認できますね。

フロントヘッドライトのフラット化に加え、フロントフォグ周りには2本のルーバーのようなイエローのアクセント、そして3本目は左右が直結するフラットなラインを描き、複雑なデザイン性を持つ次世代「ゴルフ」であることが期待できます。

そんな新型「ゴルフ8」ですが、高級感溢れるデザインである一方、トヨタ「オーリス」に似ている?とも話題になっているので早速比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

~本当に「オーリス」に似ているの?~

こちらが実際に話題に挙がっているトヨタ「オーリス」。
恐らくフロントヘッドライトのハウジングとヘッドライトが若干似ているのだと思われますが、それ以外のフロントグリルやフロントフォグ周りはそこまでといった感じ。
少し大雑把に見てみたら、フロントロアグリル部分も似ていますし、トータルで見ると「ゴルフ8」にそっくりというのは何となく納得はできますね。

改めて新型「ゴルフ8」に戻りましょう。
今回リークしている画像は、そこまで解像度が高いものではないので、間近で見たら意外にも「オーリス」とはかけ離れた高級感のあるデザインであるかもしれませんが、新型「ゴルフ8」のフロントLEDデイタイムランニングライトやヘッドライトがどのように点灯し、細かいパーツデザインがどのようになっているのかは非常に気になるところではありますね。

~インテリアはフォルクスワーゲンの勝負心が見られる新デザイン言語を採用~

ちなみに過去に目撃されている新型「ゴルフ8」のインテリアはこんな感じ。
かなりの先進性が見られるフルデジタルメータに進化し、手前側にはインフォテイメントディスプレイが並ぶように配置されていますが、とにかく薄くてフラット且つワイド感がありますね。

それなのに3スポークステアリング上や内ドア部分にある物理スイッチは凹凸を持たせていることから、各エリアにおいてメリハリをつけるフォルクスワーゲンらしくない次世代のデザイン言語を生み出そうしているのかもしれません。

もちろん、こうしたデザイン言語は、これまで登場してきた「ゴルフ・シリーズ」とは大きく異なる部分であり、開発・生産コストがかかる分、フォルクスワーゲンが新たな挑戦へと踏み出すことを意味する重要な要素であることも意味していると思います。

☆★☆「ゴルフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう