フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」が、発売後僅か1か月で目標の約3倍となる37,000台を販売、気になる購入層や人気オプション、最新納期情報は?

~新型「タント/タント・カスタム」は想像以上に売れているようだ~

2019年7月9日(火)に発表・発売スタートして約1か月が経過したフルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」ですが、この度ダイハツのプレスリリースより、発売1か月後にして目標月販台数である12,500台よりも約3倍の37,000台を販売したことを明らかにしました。

スポンサーリンク

~やはり新機能や安全装備の充実化が大きな決め手のようだ~

プレスリリースにもある通り、今回発売された新型「タント/タント・カスタム」が売れている大きなポイントは、これまでの特徴でもある「タント」ならではの室内空間の広さと、新機能となる「ミラクルオープンドア」を活かして、運転席が540mmも後ろにスライド可能となる「ミラクルウォークスルーパッケージ」が搭載されたこと。

そして、全車速ACCやスマートパノラマパーキングシステムといった、より高い安全性能を実現した「次世代スマートアシスト」の追加により、若年層だけでなくファミリー層や高齢層からの注目を集めたことも、月販目標台数を優に突破したことのポイントになっていると思われます。

~新型「タント/タント・カスタム」は、どんな人たちが買っているの?~

ちなみに、今回約37,000台もの新型「タント/タント・カスタム」の受注が入ったとのことですが、主な購入層は?というと、どうやら子育てファミリーから子離れ・シニアを中心に非常に幅広い年齢層からのオーダーを受け付けているとのこと。

そして、そのほとんどの顧客が、次世代スマートアシスト搭載グレードを選択しているそうで、安全機能や事故に対する意識の高さはもちろんのこと、新機能且つメーカオプション扱いとなっている「スマートパノラマパーキングパック/スマートクルーズパック」も想像以上に選択しているそうです。

~気になる新型「タント/タント・カスタム」の最新納期情報~

また、以前に当ブログでも8月1日現在の新型「タント/タント・カスタム」の最新納期情報をお伝えしましたが、どうやら8月8日(木)現在での最新納期情報としては、ノーマル仕様の新型「タント」の納期が9月下旬以降、そして新型「タント・カスタム」が10月中旬~11月初旬になっているそうですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これも以前のブログにてお伝えしましたが、ここで一つ注意しておきたいのが、上の納期はあくまでもモノトーンのボディカラーを選択した場合であって、ボディとルーフのカラーが異なる2トーン仕様については、9月から製造開始になるということで、現時点でオーダーした場合は、12月頃に納車することとなり、特に降雪地帯にてオーダーした方はスタッドレスを履かせての納車となる可能性が高いとのことでした。

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

Reference:DAIHATSU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう