2020年モデル・トヨタ新型「ヴェルファイア(Vellfire)」のデモカーが遂に到着!限定200台のみで約1,125万円もするその豪華な内外装を見てみよう

~遂にインド仕様向けの新型「ヴェルファイア」が降臨~

10月にインド市場向けに発売されることが決定した2020年モデル・トヨタ新型「ヴェルファイア(Toyota Vellfire)」。
既に上位顧客や先行にてオーダーした人物のみを対象にしたプライベートイベントにて公開された個体ですが、この度ようやくデモカーがトヨタ・キルロス・カーモータにて到着したとのこと。

今回インド市場にて投入される新型「ヴェルファイア」ですが、元々は新型「アルファード」が採用される予定でしたが、トヨタ本社の意向により、より洗練された外観と豪華な内容を提供できるものが「ヴェルファイア」だったとのことで「アルファード」は取消しとなったそうです。

スポンサーリンク

~早速新型「ヴェルファイア」をチェックしていこう~

インド市場では、新型「ヴェルファイア」はスタンダードボディとエアロボディの2種類から選択が可能とのことですが、日本市場のようなメッキをフル活用したオラオラ系ではなく、上の画像のようにフロントフェイスはそのままでフルエアロキットを装着したシンプルな外観になっています。

サイズ感としては、全長4,935mm×全幅1,850mm×全高1,935mm/1,950mm、最低地上高は実用性を考慮した160mm~170mmとなっています。

~インド市場ではハイブリッドモデルのみがラインナップ~

パワートレインについては、排気量2.5L 2AR-FE型の直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力182ps/最大トルク235Nm)+CVTと、排気量3.5L 2GR-FKS型のV型6気筒エンジン(最高出力301ps/最大トルク361Nm)+8速AT、そして排気量2.5L 2AR-FXE型の直列4気筒エンジン(最高出力152ps/最大トルク206Nm)+2JM電気モータ(システム出力143ps/システムトルク270Nm) or 2FM電気モータ(システム出力68ps/システムトルク139Nm)のハイブリッドシステムの3種類がラインナップされていますが、インド市場ではハイブリッドモデルのみがラインナップされるとのこと。

~インテリアは法人オーナーを対象としたブラックとウッド調オーナメントパネルを標準装備~

インテリアについては、ダッシュボードやギアレバー、ステアリングホイールにウッド調のオーナメントパネルを加味。

シートレイアウトについては、7席シートのみがラインナップされるそうですね。

ちなみに2列目はキャプテンシートになっていますが、シートはもちろんフルレザーを採用し、キャメル系のアックセントカラーとウッド調のオーナメントパネルもしっかりと採用していますね。

~その他の装備内容も充実し、限定200台のみ、価格は1,000万円以上!~

その他、新型「ヴェルファイア」にはコーナリング付LEDヘッドライトやシーケンシャルターンインジケータ―、電動拡張式オスマンフルリクライニングシート、シートヒータ/シートベンチレーション、ツインムーンルーフ、パワースライドを標準装備とし、また安全装備については、7つのエアバッグやマルチカラーアンビエントライト、インディヴィジュアルシートテーブル、Black/Flaxeインテリアも標準装備されています。

なお、販売価格は約1,125万円からと非常に高額で、競合モデルはメルセデスベンツ「Vクラス」となっており、販売台数も限定200台のみになるとのことです。

☆★☆インド市場専用の新型「ヴェルファイア」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう