そのカスタム費用は約440万円!インテリアのスペシャリスト・ニードファクター(Neidfaktor)がランボルギーニ「アヴェンタドール」を過激カスタム

~内装のスペシャリストがランボルギーニ「アヴェンタドール」を過激カスタム!~

ドイツの名門チューナ―でお馴染みニードファクター(Neidfaktor)が、ランボルギーニのフラッグシップオープンモデルとなる「アヴェンタドール・ロードスター」を過激カスタム。

ニードファクターは、インテリアについては相当な力を入れているそうで、そのカスタム費用は総額440万円とトヨタ・新型「RAV4」の上位グレードが購入できるほど。
一体どのようなカスタム内容となっているのか早速チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~その造りは想像以上に細かく上質なものに~

早速シザードアを開けてみると、インテリアにはホワイトのアクセントとステッチが施されたブラックのスエードにて覆われているシートを確認することができますね。

シートの側面と背面にもオレンジカラーのアクセントが入ったレザーが採用され、非常にオシャレなデザインへと仕上げられています。

ダッシュボードにも目を向けてみると、上部とセンターコンソール全体にオレンジのレザーアクセントが加味され、ステアリングには手前側がオレンジ、向かい側がホワイトのレザーを使用した何ともオシャレなバイカラーを設定しています。

センターコンソールやメータパネルにもかなりの気合いが込められていますね。
敢えてカーボンファイバに頼ることなく、オレンジとホワイトのレザーにて覆い、オーナメントパネルにはピアノブラックの美しいパネルを採用。

この角度から見るセンターコンソールやダッシュボードも非常に美しく仕上げられています。
アルカンターラ生地も使用されているので、軽量化にも貢献しています。

ちなみに天井にもアルカンターラとホワイトのカラードダイヤモンドステッチを縫合。
この辺りの工夫もニードファクターならではだと思います。

運転席周りのダッシュボードにもしっかりとオレンジのアクセントを加味し、その奥はほぼアルカンターラを設定しています。

ニードファクター曰く、今回は約403万円~約440万円にてカスタムが可能とのことですが、エアバッグ等の保証については一切不明。
安全性のことを考えるとちょっと不安な面はありますが、高級車1台購入できる程の金額でここまで上質に仕上げていることを考えると、非常に食指を動かすような内容ではないかと思いますね。

☆★☆「アヴェンタドール」カスタム関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう