約20年間も貯金して購入したフェラーリ「488GTB」を僅か数日で事故→廃車した男性のその後。何と自身で事業を立上げて改めてフェラーリを購入

~購入後僅か数日でクラッシュした「488GTB」。あれから2年が経過…~

約2年ほど前となる2017年4月末頃、北アイルランドにて、一人の男性が新車となるフェラーリ「488GTB」を購入するも、僅か数日でクラッシュするという何とも悲惨な事故がありました。
男性は無傷ながらも、走行距離は111kmとまだまだこれから伸びるだろうというときに、男性は支払いに余力が無いことを理由に保険未加入のまま走行していたことが判明。

しかも驚きなのは、クラッシュした「488GTB」には保険が付いていないので全て自腹での修理が必要となるのですが、男性はそれを諦めて廃車を決意しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~何とその男性は社長になっていた!~

男性は40代後半で、結婚せずにただひたすらフェラーリに乗ることだけを夢見て20年間貯金し、ようやく手に入れたクルマを僅か数日で廃車にするという、まさに天国から地獄へと突き落とされた人生を送ってきたわけですが、事故してからのその後を追いかけ続けたAutoblog.NLが、彼の現状に関する記事を公開。

何と彼は現在、約20年間身に付けてきた営業スキルと整備士としての技術を発揮すべく、自身の自動車買取販売会社を設立。
約20年間貯金して購入した「488GTB」を購入したことで残ってしまった借金を返済しようとするも、支払いが苦しくなってしまったとして、以前から目標にしていた自身の会社を何とか立ち上げることに成功したそうで、更には友人や周りからの協力により、会社の業績は向上し「488GTB」の残債分を一気に返済。

この僅か2年間でとんでもない逆転劇を見せてくれた男性ですが、「フェラーリの存在があったからここまで来れたんだ!僕はフェラーリに心から感謝している。そして無保険で運転してしまったことを心から反省し、現在オーダーしている次のフェラーリに失礼の無いよう、安全にも気を付けて運転していきたい」とコメントしており、何と現在「ポルトフィーノ」をオーダー中だそうです。

一つの失敗でへこたれず、一つの目標に対してがむしゃらながらも突き進むその姿勢があったからこそ今の彼があるのだと思いますが、まさかここまで驚くような逆転劇が待っていたとは…つくづく人生何が起きるかわからないなぁと思うばかりです。

☆★☆スーパーカー/スポーツカークラッシュ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう