トヨタは2020年モデルの「カローラ・スポーツ」を始め、ハイブリッドモデルだけでなく「ハイラックス」のGRグレードも開発予定!GRMNのグレードも近日中に登場へ

~トヨタはGRブランドを更に拡大しようと考えている~

トヨタのハイパフォーマンススポーツブランドとしてラインナップされているGR(Gazoo Racing)。
この特別ブランドについて、トヨタは今後「GRスーパースポーツ/カローラGRスポーツ/GRスープラGT4コンセプト」といったエキサイティングなハイパフォーマンスモデルを将来的に発表するだけでなく、今後数年間で更に多くのパフォーマンスモデルの開発を計画していることを明らかにしました。

スポンサーリンク

~スタイリングやパワートレインに関係なくトヨタは様々な挑戦を行っていくようだ~

トヨタの欧州セールス並びにマーケティングボスでお馴染みのマシュー・ハリソン氏は、オートモーティブニュースからのインタビューにて、各メーカがコアモデルやパフォーマンスグレードをラインナップしていく中、トヨタもGRグレードは単純にガソリンモデルに留まらず、新型「カローラ・スポーツ」にもラインナップされるようなハイブリッドモデルにも適用させていく考えを示しており、コアモデルごとにGRスポーツ・デリバティブを確立していくと説明。

更に興味深いことに、トヨタ・ガズー・レーシング(Toyota Gazoo Racing)のトップである友山茂樹 氏によれば、ピックアップトラックモデル「ハイラックス」にもGRグレードを設定する可能性が高いと説明していて、恐らくダカールラリーからインスパイアされたような過激仕様の個体が登場することが予想されています。

なお、詳細なグレードについてはおそらく「GR/GRスポーツ/GRMN」の3種類が準備されると思われ、ヴィジュアル的な違い(フォルクスワーゲンのR-LinやフォードのST-Lineに似た感じ)はもちろんのこと、もしかするとスペックにおいても若干のパワー差が生じる可能性もあるかもしれません。

そしてその中で、まずはトヨタが繰り出すハイパフォーマンスのモデルの第一弾として「ヤリスGRMN/カローラGRMN」が予定されていますが、これについてはまだ明確な日程が明らかにされていないので何とも言えないものの、従来グレードに比べると圧倒的な走行性能と足回りを持ち、過激な走りを提供してくる全く別の乗り物になるようです。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう