いつの間に…ホンダ「フィット/ヴェゼル/シャトル/グレイス/ジェイド」に約66万台超えの大量リコール?トランスミッション不具合により停車後発進できない恐れアリ

~意外と知られていない大人気モデルのサービスキャンペーン~

ホンダの大人気モデル「フィット(FIT)/ヴェゼル(Vezel)/シャトル(Shuttle)/グレイス(Grace)/ジェイド(Jade)」の5車種・計661,156台に、リコールという名の大量サービスキャンペンを実施。
ちなみに、自動車メーカがよく通知するリコールや改善対策やサービスキャンペンの意味合いはそれぞれ異なるようで、その重要度も「リコール>改善対策>サービスキャンペーン」と異なるとのこと。

リコール
その不具合が原因で道路運送車両の保安基準に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態。放置しておいたら重大な事故に繋がる可能性があります。

改善対策
道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態。これも、放置しておいたら危険。

サービスキャンペーン
上記には該当せず、その不具合が原因で品質上の問題など不快な思いをする可能性がある状態。放置しておいても、不快な思いはするが、重大な事故等の危険に繋がる事はない。
ですから、キャンペーンは放置しても特に問題はない(車検も通るし、壊れるような箇所じゃない)。
無期限で行うキャンペーンや、保証期間の延長という形を取ることもあります。

via:https://www.suzuki.co.jp/

なお、リコールの内容としては、7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)型自動変速機を搭載した車両において、自動変速機制御コンピューターのプログラムが不適切なため、変速機内の1速ギヤのハブが摩耗した際に、緩い下り坂での停止直前にブレーキペダルを離すと、1速ギヤが噛み合わずトランスミッション警告灯が点滅しメーターディスプレイに「トランスミッション点検」の表示がされるとともに、停車後に発進出来なくなるおそれがあるとして、サービスキャンペーンを実施するとのこと。
※なお、パワースイッチの操作により発進は可能とのこと

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故及び不具合は発生していないとのことですが、メーカの情報によりサービスキャンペンを実施し、ダイレクトメールにて通知していくとのこと。

【サービスキャンペーン対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ヴェゼル]
・DAA-RU3/RU3-1100002~RU3-1132468/平成27年4月17日~平成28年2月22日/32,467台
・DAA-RU3/RU3-1200021~RU3-1275304/平成28年2月23日~平成30年1月10日/75,284台

・DAA-RU4/RU4-1100001~RU4-1106103/平成27年4月17日~平成28年2月12日/6,103台
・DAA-RU4/RU4-1200009~RU4-1214905/平成28年2月23日~平成30年1月8日/14,897台

・DAA-RU3/RU3-1000045~RU3-1079566/平成25年12月5日~平成27年4月16日/79,522台

・DAA-RU4/RU4-1000028~RU4-1022605/平成25年12月5日~平成27年4月13日/22,578台

[フィット]
・DAA-GP5/GP5-1200001~GP5-1228728/平成27年9月24日~平成29年6月2日/28,727台
・DAA-GP5/GP5-3200006~GP5-3223437/平成26年12月18日~平成27年9月2日/23,432台
・DAA-GP5/GP5-3300007~GP5-3330014/平成27年9月10日~平成29年5月31日/30,008台
・DAA-GP5/GP5-4200002~GP5-4203496/平成26年12月23日~平成27年3月10日/3,495台
・DAA-GP5/GP5-4300003~GP5-4312827/平成27年9月18日~平成28年3月17日/12,825台
・DAA-GP5/GP5-5200001~GP5-5200088/平成27年1月9日~平成27年8月17日/88台
・DAA-GP5/GP5-5300001~GP5-5300137/平成27年10月6日~平成29年4月21日/137台

・DAA-GP6/GP6-1200001~GP6-1205255/平成27年11月7日~平成29年6月1日/5,254台
・DAA-GP6/GP6-3200001~GP6-3206769/平成26年12月18日~平成27年9月3日/6,769台
・DAA-GP6/GP6-3300002~GP6-3309469/平成27年9月10日~平成29年5月31日/9,468台
・DAA-GP6/GP6-5200001~GP6-5200025/平成27年1月13日~平成27年8月7日/25台
・DAA-GP6/GP6-5300001~GP6-5300044/平成27年10月6日~平成29年3月20日/44台

・DAA-GP5/GP5-1000017~GP5-1020662/平成25年8月23日~平成26年4月25日/20,646台
・DAA-GP5/GP5-3000006~GP5-3118224/平成25年9月23日~平成26年12月8日/118,219台
・DAA-GP5/GP5-4000013~GP5-4013035/平成26年5月14日~平成26年12月2日/13,023台
・DAA-GP5/GP5-5000003~GP5-5000353/平成25年10月9日~平成26年12月6日/351台
・DAA-GP5/GP5-8000001~GP5-8000013/平成25年9月9日~平成25年10月8日/13台

・DAA-GP6/GP6-3000022~GP6-3016047/平成26年1月17日~平成26年12月8日/16,026台
・DAA-GP6/GP6-5000001~GP6-5000081/平成26年1月22日~平成26年12月5日/81台

[シャトル]
・DAA-GP7/GP7-1000051~GP7-1046566/平成27年4月17日~平成28年8月1日/46,516台
・DAA-GP7/GP7-1100001~GP7-1121901/平成28年8月3日~平成29年8月25日/21,901台
・DAA-GP7/GP7-5000002~GP7-5000101/平成27年5月8日~平成28年7月26日/100台
・DAA-GP7/GP7-5100001~GP7-5100042/平成28年8月25日~平成29年8月22日/42台

・DAA-GP8/GP8-1000027~GP8-1010168/平成27年4月17日~平成28年7月28日/10,142台
・DAA-GP8/GP8-1100001~GP8-1105055/平成28年8月5日~平成29年8月25日/5,055台
・DAA-GP8/GP8-5000002~GP8-5000019/平成27年6月15日~平成28年5月11日/18台
・DAA-GP8/GP8-5100001~GP8-5100014/平成28年9月9日~平成29年7月8日/14台

[グレイス]
・DAA-GM4/GM4-1000043~GM4-1025312/平成26年11月12日~平成27年9月1日/25,270台
・DAA-GM4/GM4-1100001~GM4-1110774/平成27年9月3日~平成29年6月14日/10,774台
・DAA-GM4/GM4-5000003~GM4-5000052/平成26年12月5日~平成27年8月22日/50台
・DAA-GM4/GM4-5100001~GM4-5100023/平成27年9月30日~平成29年4月24日/23台

・DAA-GM5/GM5-1000032~GM5-1003759/平成26年11月12日~平成27年9月1日/3,728台
・DAA-GM5/GM5-1100001~GM5-1101963/平成27年9月3日~平成29年6月9日/1,963台
・DAA-GM5/GM5-5000001~GM5-5000016/平成26年12月5日~平成27年6月30日/16台
・DAA-GM5/GM5-5100001~GM5-5100009/平成27年11月6日~平成29年5月29日/9台

[ジェイド]
・DAA-FR4/FR4-1000071~FR4-1016123/平成27年1月27日~平成30年2月2日/16,053台

なお改善措置としては、自動変速機制御コンピューターを対策プログラムに書き換えるサービスキャンペーンを実施するそうです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」がまたもやリコール。エントリーグレードのルームミラーハウジングが外れ後方視界が大幅に低下させる恐れアリ(2019/8/8投稿)
早過ぎない?!登場したばかりのメルセデスベンツ・新型「Aクラス」と「AMG E63/S63シリーズ」にリコール!走行不能の恐れや排ガス基準値を満たさない等(2019/8/7投稿)
えっ、早くない?発売したばかりのプジョー・新型「508」にまさかのリコール2連発!制御系の不具合、エンブレムの接着不良で剥がれる?(2019/8/5投稿)
【ある意味珍事】アルファロメオ「ミト(MiTo)」にフロントシートベルトの不具合でリコール。何と2年前と全く同じ理由で、全く同じ対象モデルに対して対策措置を実施していた模様(2019/7/31投稿)
ホンダ「フィット/CR-V/シビック/アコード」にリコール。タカタ製エアバッグの不具合により、最悪の場合ケガをする恐れも(2019/7/30投稿)
えっ、また?マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」に今度はルームミラーが脱落するというリコール。海外案件も含めるとこれで3例目に(2019/7/25投稿)
遂に動いた!トヨタ「プリウス/C-HR/RAV4/カムリ」やレクサス「UX/ES/LS」に計2万台超えの大量リコール!ブレーキの不具合にて制動距離が延びる恐れアリ(2019/7/24投稿)
意外に知られてなかった…トヨタ・新型「クラウン」に9,000台超えのリコール。モールディングが外れて事故を引き起こす恐れアリ(2019/7/22投稿)
ホンダ「N-BOX/N-BOX Custom/シビック」に約14万台超えのリコール?衝突軽減ブレーキの不具合により、低速走行時にブレーキが作動する恐れアリ(2019/7/21投稿)
何と2020年モデルで生産終了へ。フィット「アバルト124スパイダー」にトランスミッション不具合でリコール(2019/7/20投稿)

Reference:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう