2020年モデル・ランドローバー新型「ディフェンダー」に最新オプションを採用!これでオフロード走行も楽勝、その気になるオプションとは?

~9月のフランクフルトモーターショー2019に向け着々と準備が進んでいる新型「ディフェンダー」~

遂に2020年モデルとして待望のフルモデルチェンジを果たすランドローバーの新型「ディフェンダー(Land Rover Defender)」ですが、このモデルの開発車両はもちろんのこと、量産デザインや詳細スペックについてもほぼすべてリークしていますが、ここに来て今度は「ディフェンダー」にとって非常に重要なオプションが追加されることがわかりました。

スポンサーリンク

~これまでになく上質なアクティブエアサスペンションがオプションに~

トップギア(Top Gear)の情報によると、新型「ディフェンダー」には、従来のコイルスプリングセットアップよりも高さ調整を可能とするアクティブエアサスペンションと呼ばれるメーカオプションが追加設定されるそうで、これによりオフロードでの走りの幅が広がるとのこと。

新型「ディフェンダー」の耐久性と信頼性プログラムを担当するAndy Deeks氏によると、「アクティブエアサスペンションのエアシステムは、ダンパー内の温度をアクティブに監視し、運転中にサスペンションのパラメータを変更することで車両を保護することが可能である」とのこと。

また、こうしたオプションの機能性の信頼度を高める為、新型「ディフェンダー」は世界200カ所での過酷なテスト走行を実施しており、150,000マイル(241,401km)もしくは10年という条件を十分に満たす信頼性を確保。

もちろん、オフロード走行だけでなく、オンロード上でも充実且つ上質な走りを実感できるように改良が重ねられているため、先代に比べての乗り心地や走行性能は圧倒的に異なる、とAndy Deeks氏も説明しています。

また販売エリアにおいても、中東市場を始め、アメリカ市場や欧州市場、中国市場とでそれぞれ地形も異なれば気温といった環境も異なるため、それぞれに適したベンチマークを設定することで、非常にフレキシブルな個体になることが期待されています。

☆★☆「ディフェンダー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう