フォルクスワーゲン「ティグアン」にベントレー「コンチネンタルGT」風のカスタムホイールを履かせてみた→とんでもなくカッコよくなってしまった件

~最近のレプリカモデルは想像以上に完成度が高い~

フォルクスワーゲンの次期「ティグアン(Volkswagen Tiguan)」がクーペSUVになる?との噂が浮上している中、2代目となる現行「ティグアン」をベースに一足早くクーペSUV風にローダウンし、更に足元にはベントレー「コンチネンタルGT」にも採用されていたシングル7スポークの大口径アルミホイールをイメージさせたレプリカを装着させた過激カスタムモデルが登場。

スポンサーリンク

~本物のベントレーホイールを装着するには調整が必要だが…?~

今回アメリカにて開催されたカスタムカーイベントにて、レプリカではありますが、「コンチネンタルGT」風のホイールを装着した「ティグアン」をピックアップ。

全体的なスタイリングを見てみると、これが想像以上にクールで完成度が高く、更には「ティグアン」用に設計されたスマートなフルエアロキットも装着され、全体的に引き締まったボディへと進化しています。

ちなみに本物の「コンチネンタルGT」ホイールを装着するとなると、どうしてもオフセットが必要となって非常に面倒なことになりますが、今回のカスタムホイールはそういった調整も必要なく、更には約10万円程にて購入が可能なコスパ充実のホイールセットとなっています。

なお「ティグアン」に装着されているホイールは、20インチ×8jのET41と呼ばれるシュコダ「オクタヴィア」やフォルクスワーゲン「T-Roc」にも装着できるようなサイズ感となっていますが、ホイールアーチモールとタイヤとのクリアランスはほとんど無いものの、かなり攻め込んだ足回りになっていますね。

☆★☆フォルクスワーゲン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう