遂に来た!フェラーリ「488ピスタ(Pista)」をNovitec(ノビテック)が過激チューン。800馬力発揮で車高も35mmローダウンしてみた【動画有】

~遂にノビテックが「488ピスタ」専用カスタムを発表~

過激チューナーでお馴染みのノビテック(Novitec)が、遂にフェラーリのV8ツインターボ・スペチアーレモデル「488ピスタ(Ferrari 488 Pista)」を過激カスタム。
ノビテックといえば、先日テスラ「モデル3(Tesla Model 3)」のアフターマーケットパッケージを発表したばかりですが、間髪入れずに大注目のスペチアーレモデルにも手を出してきましたね。

スポンサーリンク

~外観はほとんど手を付けないシンプル仕様~

今回ノビテックが行ったカスタム内容としては、元々「488ピスタ」は空力特性に特化したスペシャルモデルでもあるので、外観の形状はもちろんのこと、カーボンパーツを追加にて加味するわけでもなく、足周りやエンジン系をメインにカスタムを施しています。

ただ、外観についてはリップスポイラーと丸型のテールライト用にカーボンファイバサラウンドを取付け、更には視覚的な変化としてサイドターンシグナルとブレーキライトもブラックアウトすることで全体的に引き締まった外観に仕上げています。

~足元にはオシャレなセンターロック式の前後異径ホイールを装着~

足もとについては、フロント21インチ・リヤ22インチのセンターロック式となる前後異径ホイールを装着。
更に足回りについては、油圧式サスペンションシステムを改良することで、純正よりも更に約35mmローダウンしているとのこと。

もちろん、その場に応じてフロントのみが40mmリフトアップするシステムも搭載済みです。

~エンジン出力は「812スーパーファスト」並みの800馬力を発揮!~

パワートレインについては、従来搭載される排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンをベースに、ECUセットアップ等によって最高出力720ps→800ps/最大トルク770Nm→898Nmと大幅にチューンアップ。

これによる直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.85秒→2.7秒へと短縮され、最高時速は340km/h→345km/hにまで向上しているとのこと。

【Novitec Ferrari 488 Pista】

【Novitec Ferrari 488 Pista Exhaust】

☆★☆Novitec関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう