どう考えてもトヨタ「アルファード(Alphard)」を意識!中国専売モデル・ビュイック「グルファード(GLphard)」を見ていこう【動画有】

2019-08-19

~これって明らかにトヨタ「アルファード」を意識してない?~

アメリカの自動車メーカ・ゼネラルモーターズ(GM)が製造・販売する乗用車のブランドのひとつであるビュイックが、中国市場専売モデルとして発表したラージミニバン「GL8アルファード(Buick GL8 Alphard)」の2020年モデルを突如として発表しました。

フロントフェイスを見てもお分かりの通り、そのメッキ調を活かしたフロントグリルやフロントヘッドライトのデザインはトヨタのフラッグシップ・ミニバン「アルファード(Alphard)」そのまんまといっても過言ではないですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「GL8アルファード」は大きく3グレードに分けられる~

ちなみに、今回公開されているモデルは中間グレードとなる「グルファード(GLphard)」だそうですが、エントリーグレードは「AL8hard」、そして上位グレードが「GL8アルファード(BL8 Alphard)」になるそうです。

ウィンカーもしくはハザードは、上の赤丸の通りメッキフレームによって囲まれた逆L字形状に沿って流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが採用されていますね(この辺りは「アルファード」よりもかなり攻め込んだデザイン)。

~インテリアは想像以上の豪華仕様~

こちらはインテリアの一部。
左ハンドル仕様で、シートは本革を採用するも、運転席・助手席ともにシート調整は手動タイプになっていますね。
また吊るし型の後席専用エンターテイメントモニタも搭載されています。

2列目はこんな感じ。
キャプテンシートを採用したラグジュアリー仕様で、シート調整は全て電動式となっていますね。
この辺りは送迎用を意識したおもてなし仕様になっていて、天井もかなり豪華なレイアウトに設定されています。

リヤデザインはこんな感じ。
先ほどフロントのウィンカーは流れるタイプのシーケンシャルウィンカーでしたが、リヤは上の青丸の通りかなりエリアの小さい点滅式のウィンカーを採用(このあたりはちょっとさびしいかも…)。

若干テール周りはトヨタ「ウィッシュ」を意識しているのでしょうか?ビュイックならではのオリジナリティがちょっと薄いような気もします。

気になるパワートレインについては明確になっていませんが、中国特有の水準により排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンもしくは、排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジンが搭載されるとのことです。

☆★☆中国メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう