遂に来た!トヨタ・新型「RAV4」のPHV(プラグインハイブリッド)モデルの開発車両をキャッチ!気になるスペックや日本での発売の可能性は?

~以前から噂されていたPHVモデルが遂に登場~

アメリカ市場並びに日本市場でも大人気モデルとなるトヨタ・新型SUV「RAV4」。
このモデルは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類がラインナップされていますが、遂に更なる環境性能を配慮したPHV(プラグインハイブリッド)モデルと思われる開発車両がキャッチされています。

元々噂されていた新型「RAV4」のPHVモデルですが、今回遂にその姿を現して、オールブラックのボディカラーに塗装されていますが、この角度からみると外観上においては特に大きな変化はなさそう(ちなみに後続の牽引している車両は動力計トレーラーとなるためPHVモデルであることは間違いなさそう)。

スポンサーリンク

~気になるPHVモデルのスペックや日本市場での販売の可能性は?~

サイドから見てみるとこんな感じ。
車高はかなり低そうですが、テスト走行用にサスペンション等が調整中だと思われ、ここから少しリフトアップすることは間違いないと思います。

リヤエンドはこんな感じ。
プラスチックロアバンパーの下にマフラが見えていますね。
両サイド1本だしのデュアルエキゾーストシステムとなっていますが、市販車ではマフラが隠れるように調整されるかもしれません。

気になるPHVモデルのパワートレインですが、これについては新型「RAV4」とハイブリッドモデルと同じ排気量2.5L 直列4気筒エンジンが搭載されることが濃厚だと思われ、電気モータと組み合わせるとシステム総出力 約220hp(内燃機関は177hp)を発揮すると予想されます。

直線性のパフォーマンスについては、0-100km/hの加速時間が8.5秒程だと思われ、この辺りの加速性についてはさすがにポルシェ「カイエン」やBMWのハイブリッドモデルには追い付かないところでしょう。

バッテリサイズについての詳細は不明ですが、同じTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を搭載し、「プリウスPHV」のバッテリ容量8.8kWhと同等レベルではないかと推測。

発売時期についてもまだまだ不明な段階ではありますが、日本での発売の可能性について、先日トヨタディーラと話した感じでは、2020年夏以降に導入されるのではないか?とのことだったので、この辺りは詳細が明らかになり次第すぐに展開していきたいと思います。

☆★☆新型「RAV4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう