スバルの最上位グレード「BRZ tS」が2020年モデルの新型で本当に登場!限定300台のみ、リヤウィングはコンパクトになり、ホイールも激渋ブロンズ仕上げで価格は約344万円から

~本当に新型「BRZ tS」が発売しちゃった!~

前回のブログでもお伝えした通り、スバルの2ドアスポーツクーペモデル「BRZ」をベースにした最上グレードモデル「BRZ tS」が2020年モデルの新型として、アメリカ市場にて限定300台のみ販売スタートとなりました。
前回の記事ではアメリカ市場限定500台のみとお伝えしましたが、どうやら前回同様に300台に設定されたようですね。

スポンサーリンク

~大きく変更されたポイントはリヤウィングと足元アルミホイールのみ~

今回発売スタートした新型「BRZ tS」は、2018年モデル同様にSTIパフォーマンス部門によって改良を重ねたハイパフォーマンス仕様で、サックスダンパーやコイルスプリングを改善し、更にエンジンベイにはフレキシブルなV型ブレースを採用。

そして、よりシャープなハンドリング性能を提供するため、シャシーとサブフレームにドロースティフナーがあり、超強力なブレーキング性能を提供するためにフロントにはブレンボ製の4ピストンブレーキキャリパ、リヤ2ピストンストッパーを装着しています。

外観については、フロントグリルとグリル部分、そしてリヤバンパー周辺にチェリーブロッサムレッドのアクセントが付いたセラミックホワイトのエクステリアを採用。
更にはクロームとレッドの”tS”バッジがグリル部分やリヤデッキに貼付されていますね。

そして今回の2020年モデルにて大きく変更されたポイントとしては、リヤウィングがコンパクト且つ控え目に設計され、足元のアルミホイールはマットブロンズ仕上げとなる18インチアルミホイールを装着しています。

~インテリアは非常に豪華なレザー&アルカンターラのバイマテリアル仕様~

インテリアについては、ブラックのレザー&アルカンターラがミックスされたバイマテリアル仕様となり、シートボルスターやシートベルト、ステアリングホイール、ドアパネル、ニーパッド、ギアシフト、サンバイザー、パーキングブレーキハンドルにはレッドのアクセント追加。但しセンターコンソールにはキャスト・ブラックのアクセントを追加しています。

気になるパワートレインについては、従来通りとなる排気量2.0L 水平対向4気筒エンジンを搭載し、最高出力205hpを発揮します。
トランスミッションは6速MTのみで、トラクションをキープするためにトルセンリミテッドスリップディファレンシャルも標準装備されているとのこと。

~気になる新型「BRZ tS」の価格は?~

ちなみにグレード別の価格帯は以下の通り。
「BRZ tS」の価格帯は、噂では約390万円から?とされていましたが、最小限の変更に抑えたことでLimitedモデルと17万円程しか変わらないリーズナブルな価格帯に設定していますね。

【スバル・新型「BRZ」グレード別価格帯一覧】

・BRZ Limited[6MT]:約316万円
・BRZ Limited[6AT]:約327万円
・BRZ tS[6MTのみ]:約344万円

☆★☆「86/BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう