【衝撃の事実…】茨城県・常磐道での煽り運転&暴行を加えた男性はBMWディーラに行っていなかった模様。借りた人も返却した人も暴行した人物とは別人だったことが判明

~今回の煽り運転&暴行は極めて悪質であり、早急の逮捕は難しい?~

さて、先日より大きな問題となっている茨城県・常磐自動車での煽り運転と暴行を加えた男性について。
今回煽り運転にて使用された車は、神奈川県にあるモトーレン東名横浜のBMW横浜三ツ沢ショールームにて試乗車として管理されていた新型「X5」で、男性のクルマが点検の関係で特別に3日間だけ代車として提供するという約束だったのですが、3日経過しても返却されず、男性からは「このクルマが気に入った。購入を検討している。また仕事の関係で県外にいるから返却できない。大阪にいる。福井にいる」等とほのめかし、あらゆるところで乗り回して(走行距離にして約2,200km程)は煽り運転を繰り返していたとのこと。

スポンサーリンク

~代車を提供したディーラ・セールスも加害者ではなく”被害者”であることを忘れてはいけない~

そして今回、どこのニュースにも載ってない特別な情報をBMW横浜三ツ沢ショールームに務めるスタッフの友人から教えていただいた情報なのですが、現在同ショールームでは、「反社会勢力に車を貸す最低なディーラである」とか「話題の闇営業をする会社」である等、とにかく滅茶苦茶なことを言われているそうです(Googleレビューコメントや直接の電話においても)。

またスタッフからの情報によると、連日取材やら撮影等で全く営業活動ができておらず、ディーラが悪者扱いにされているのが非常に残念であり精神的に苦しい状態にあるとのこと。

そしてこれも衝撃的な事実なのですが、どうやらディーラにて「X5」を借りてきた人物と返却してきた人物は、今回常磐道にて暴行を加えた男性と全くの別人であり、又貸しを行っていたので防止策をとることができなかったとのこと(もちろんディーラがその事実を知ったのは煽り運転と暴行のニュースを知った後)。

つまり、一部報道では借りた”男性の本籍が静岡”という情報があるそうですが、これはあくまでも代理で借りてきた人物の本籍が静岡であって、暴行を加えた男性の本籍が静岡というわけではないということ(もしかしたら暴行を加えた男性も静岡かもしれませんが…)。

この辺りはかなり気になっていた部分ですが、まさかそれが事実になろうとしているとは…こればっかりはディーラも防止することもできませんし、それで闇営業やら反社会勢力とつながっていると言われるのはたまったもんじゃないですね。ディーラサイドも暴行を加えられた男性同様に威力業務妨害を受けた被害者側になります。

ただ、一部ディーラとしても反省すべきと考えていた点としては、返却日を過ぎても(今回であれば約20日間)、盗難届や捜査依頼をすることはできたのではないか?という考えもあったそうで、そういった対策に踏み込めなかったことで、こうした暴行問題にまで発展してしまったのでは?という見方もあるそうです。

いずれにしても、今回は異常な煽り運転と暴行を加えた男性を許すことはできませんし、仮に大きな事故や殺人が起きていないにしても、こういった人物が野放しにされているのは極めて危険なことであり、またいつどこかで煽り運転や暴行を加えるかもわからないわけですから、早急に逮捕し社会的制裁を加えてほしいところです。

※ちなみにに8月16日時点で男性は行方不明とのことですが、警察は傷害容疑で40代と見られる男性と、同乗している女性に逮捕状を請求する方針を固めているとのこと。

☆★☆煽り運転関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう