フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4」のクロスオーバーモデルらしき画像がリーク?本物かどうかディーラ・セールスにも確認してみた

~これって本物?それとも偽物?新型「フィット4」と思われる謎の画像が公開~

さて、10月末の東京モーターショー2019にて先行初公開され、11月より発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」ですが、このモデルに関して、全く新しいグレードとなるクロスオーバーモデルの”クロスター(Crosster)”がラインナップされ、既にどのよなスタイルかについては、開発車両にて何度か目撃されているのですが、何とこのモデルの完成図?と思わしき画像が公開されています。

今回公開された画像をチェックしていくと、「フィット」の海外名称である「ジャズ(Jazz)」のニューモデルということで、ボディカラーにはオレンジ系に身を纏い、フロントロア部分やフェンダーモール、サイドスカートにはブラックのプラスチックパーツ、そして足元にはスポーティな(16インチ?)アルミホイールが装着され、車高もハッチバックスタイルよりも若干リフトアップしたような感じになってますね。

フロントエンドも、これまで目撃されてきた開発車両に比べてアグレッシブに変化していますが、本当にこのデザインにて登場するのでしょうか?
それとも単なる予想レンダリングなのかをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

~早速ボディカラーの時点で予想レンダリングの可能性大~

まずボディカラーについては、何とも目立つオレンジ系に身を纏っているものの、今回の新型ではオレンジ系はラインナップされないので、この時点で本物の完成図であるという信憑性は一気に薄れます(つまりは単なる完成予想レンダリング)。

気になるボディカラーラインナップですが、現行「フィット3」にてラインナップされていた「ルージュアメジスト・メタリック」が廃止となる、モノトーンカラーは合計9色がラインナップされる予定となっています(変更の可能性もあり)。

【新型「フィット4」ボディカラー一覧】

・ブリリアントスポーティブルー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・プラチナホワイト・パール
・ミッドナイトブルービーム・メタリック
・ルナシルバー・メタリック
・シャイニンググレー・メタリック
・[NEW]ウィンドウブルーメタリック(仮)
・[NEW]プレミアム・サンライト・ホワイトパール

もちろん、上記のボディカラーを組合わせた2トーン仕様もラインナップされるのですが、かなりバリエーションが豊富なので今回は割愛させていただきます。

~デザイン性についてはディーラ・セールスさんにも確認してみた~

改めて画像の方に戻りましょう。
最も気になるのがフロントエンドですが、これについてはディーラの担当セールスさんとも話していたのですが、新型「フィット4」はグリルレスを採用するため、ここまでメッキパーツを多用したフロントフェイスになることはなく、フロントロアグリルやエアインテークもそうですが、ここまでアグレッシブなデザインにはなっていないとのことでした。

かなり控えめな表情を持つと言いますか、ちょっと女性をターゲットにしたような親しみのある顔つきになっているとのこと。

ボディカラーの時点でもわかってはいましたが、今回公開されている画像は単なる完成予想レンダリングであって、完成された実車のイメージ版というわけではなさそうですね。

スタイリングについてはほぼ同じような感じですが、セールスさんの感想としては、「フィット4・クロスター」は思った以上にブラックのプラスチックを使用している感が強く、チープな印象を受けるデザインとなっているので、今回のような予想レンダリングのようにスマートな感じではないのとのことです。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう