【遂に来た!】トヨタ・新型「GRスープラ」が中古車サイト・カーセンサーにて販売中!グレードは中間のSZ-Rながらも、やはりプレミア価値を付けての689万円也

~中古車としての登場は想像以上に早い?!~

中古車インターネットサイト・カーセンサーにて、遂にトヨタの新型2ドアスポーツクーペモデル「GRスープラ(Toyota GR Supra)」が販売されています。

恐らくカーセンサーでは最速で販売された中古車だと思いますが、グレードは全3グレードある内の中間となるSZ-Rで、パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒エンジン(最高出力258ps/最大トルク400Nm)を搭載します。

ボディカラーはシンプルなホワイトメタリックとなり、メーカオプションは特に無し(っというか全て標準装備されている)、ディーラオプションも必要最低限のものを装着していると思われ、車両本体価格のみで590万円、総支払額ではどんなに高くても約650万円ぐらいになるので、そう考えると今回カーセンサーにて提示されている689万円というのはプレミア価値を付けての販売となりそうですね(別の言い方をすれば転売)。

スポンサーリンク

~今回販売されているのはデモカー?~

未だ正式に「GRスープラ」が納車されているという情報は全く入ってきていませんし、ディーラ情報ではどんなに早くとも9月~10月に”SZ/SZ-R”が納車される(ちなみに最上位グレードとなる3.0L直6モデルは2020年初めに納車予定)ということしか聞けていないので、今回カーセンサーにて登場しているのはデモカーとして購入された個体の可能性が高そうですね。

ちなみに、今回カーセンサーにて販売されている個体の販売元は東京都板橋区にあるYOKOO AUTO MOBILEさん。
このモデル以外にも、ホンダ「アコード/シビック・タイプR/トルネオ」やトヨタ「セリカ」、日産「シルビア/フェアレディZ」といった懐かしき車両も販売されています。

足もとのホイールは”SZ-R”専用の18インチアルミホイール。
個人的には最上位グレードの鍛造ホイールよりもこちらの方が雰囲気があって非常に好み。

基本的にはオール純正ながらも、まるでカスタムされたかのような派手さがありますね。
リヤロアにあるサイドウィングレットの張り出しも中々に強烈です。

インテリアは純正仕様となるレザー&アルカンターラのバイマテリアルシートを採用したオールブラック仕様。
シートは運転席が8way式パワーシートとなっていて、電動ランバーサポートとサイドサポートも搭載。
走行距離は僅か40kmのみということで、全く走らせていない極上の新品と言えるでしょう。

☆★☆カーセンサー関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう