2020年モデル・ホンダ新型「フリード」のマイナーチェンジは10月18日。気になるグレードやボディカラー等、更には新型「フィット4」にも設定のクロスター(Crosstar)も!

2019-08-30

~ようやくマイナーチェンジ版・新型「フリード」の情報が明らかに~

2019年秋頃よりホンダ・新型「フリード(プラス)」がマイナーチェンを迎えるということで、前回は担当セールスさんより教えて頂いた内容を一部ご紹介しましたが、今回ようやく詳細情報を教示いただきましたので、早速公開していきたいと思います。
注)あくまでセールススタッフさんから得られた情報となるので、一部変更となる恐れもあります。予めご了承ください。

スポンサーリンク

~気になる新型「フリード」の発売日とグレード構成は?~

まず、今回マイナーチェンジ版が発表・発売されるのが10月18日(金)を予定しているとのことで、先行予約並びに見積もりが解禁されるのも9月中旬を予定しているとのこと。
ただ、これはディーラによって異なるケースもあるので何とも言えないところですが、私がいつもお世話になっているディーラでは9月13日(金)から見積もりが解禁されるそうです。

続いて今回のマイナーチェンジ版・新型「フリード」のグレードラインナップですが、現行モデルでラインナップされていた上位グレードとなる”HYBRID EX”が廃止となるそうで、その代わりとしてクロスオーバーモデルとなるクロスター(Crosstar)が追加ラインナップされます。

クロスターという単語は、当ブログを見られている方は既にご存知かと思いますが、ホンダが11月に発表・発売するフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」でも、クロスオーバーモデルとなるクロスターを新しくラインナップするとのことで、恐らく今後ホンダがクロスオーバーモデルをラインナップする際には、クロスターと呼ばれるグレードを採用してくるのではないかとのことでした。

また安全装備の義務化により、全グレードHonda SENSINGを標準装備するとのこと。
Honda SENSINGの内容もグレードアップしていますが、詳細は後ほど。

ちなみに、新型「フリード」のグレードラインナップは以下の通り。

【新型「フリード」グレード別一覧】

・フリードB・Honda SENSING(2列 or 3列シート)
・フリードG・Honda SENSING(2列 or 3列シート)
・フリードHYBRID B・Honda SENSING(2列 or 3列シート)
・フリードHYBRID G・Honda SENSING(2列 or 3列シート)
・フリード・クロスター・Honda SENSING(2列 or 3列シート)
・フリード・クロスターHYBRID・Honda SENSING(2列 or 3列シート)

~マイナーチェンジによる追加機能・装備等~

その他気になる装備内容としては、新型「フリード」にも設定されるメーカオプション”Cパッケージ”が引き続きラインナップされますが、どうやらこのオプションにシートヒータが追加されるとのことです。

従って”Cパッケージ”のラインナップは以下の通り。

・プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
・ロールサンシェイド(スライドドア両側)
・IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウィンドウガラス+IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス
・コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+熱線入りフロントウィンドウ+フロントドア撥水ガラス)
・[NEW]シートヒーター

あとは一部メーカオプション(+10,800円)扱いとなっていたオートリトラミラー(電動格納ミラー)ですが、これも全車標準装備となります。

~気になる安全装備Honda SENSINGは?~

続いて安全装備については、現行「フリード」に標準装備されている8種類のHonda SENSINGに加えて、「後方誤発進抑制機能」が追加で標準装備されるとのこと。

ただ、新型「N-WGN/N-WGN Custom」にて新たに追加された「アダプティブクルーズコントロール(ACC)+渋滞時追従機能(完全停止対応)」と「衝突軽減ブレーキ(CMBS)+横断自転車検知機能」、そして「衝突軽減ブレーキ(CMBS)+無街灯歩行者認識」は追加されないので、このあたりの安全装備レベルは新型「N-WGN」に劣っています。

以上より、新型「フリード」のHonda SENSING標準装備内容は以下の通り。

【新型「フリード」Honda SENSING装備内容】

衝突軽減ブレーキ(CMBS):前走車、対向車、歩行者と衝突回避を支援
誤発進抑制機能:不注意による急発進を防止し注意を喚起
歩行者事故低減ステアリング:歩行者との衝突回避を支援
路外逸脱抑制機能:車線を検知し、はみ出さないように支援
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC):適切な車間を保ち、運転負荷を軽減
車線維持システム(LKAS):車線内を走行できるようにステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能:停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
標識認識機能:標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援
[NEW]後方誤発進抑制機能:不注意による急な後退を防止し注意を喚起

あと、現行「フリード」のパーキングブレーキは足踏み式になっているかと思いますが、このあたりは電動パーキングが設定されることなく、足踏み式のままになるそうで、聞けば聞くほどに今回のマイナーチェンジは”一部改良”レベルと言っても良いかもしれませんね。

~ボディカラーとインテリアカラーのラインナップは?~

最後はボディカラーとインテリアカラーについて。
まずボディカラーについては、ほとんどのカラー名称が一新することとなります。
また、現行モデルにてラインナップされているイエロー系のシトロンドロップが廃止され、その代わりとしてオレンジ系のプレミアムクリスタルオレンジメタリックが追加ラインナップされます。

ボディカラーは全9色となり、クロスターでは使用できないカラー、加えて無料色と有料色、そしてインテリアカラーは以下の通り。

【新型「フリード」ボディカラー&インテリアカラー一覧】

[ボディカラー全9色]
・シルバーミストグリーンメタリック[無料]

・ルナシルバーメタリック[無料](クロスター不可)
・クリスタルブラックパール[無料]
・シーグラスブルーパール[無料]
・プラチナホワイトパール[有料]
・ミッドナイトブルービームメタリック[有料](クロスター不可)
・スーパープラチナグレーメタリック[有料]
・プレミアムクリスタルレッドメタリック [有料]
・プレミアムクリスタルオレンジメタリックⅡ[有料]

[インテリアカラー(カラー/シート材質)]
・モカ/クロスファブリック[B・HYBRID B]
・ブラック/コンビシート[G・HYBRID G・クロスター]

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう