今が買い時?ランボルギーニが1月から1.79%の低金利キャンペーンを開始。残価も最大70%

2017-01-24

ランボルギーニが1月1日から3月31日までの購入者に限り、通常金利3.49%⇒1.79%の低金利キャンペーンを開始。
併せて、ランボルギーニのお得な残価設定ローン(ハイパープレミアムローン)の3年の上限残価が最大60%⇒70%となりました。

新年早々のキャンペーンだからなのか、近年のランボルギーニ車の売行きが好調だからなのか、はたまた「アヴェンタドールS」が発売されたからなのかは不明ですが、こういった好条件が重なることは非常に珍しく(これまでは1.9%が一番低い金利だった)、まさしくランボルギーニ車を買うなら「今が買い時」なのではないのかと思うのですね。

スポンサーリンク

ちなみに先に記載した残価設定ローン(ホンダでいう残クレ)は、新車価格+オプション価格の総額(税抜)から上限残価を据置にして、残りの金額を頭金+設定年数(例えば3年であれば36回払い)で月々の支払いをグッと抑えることができるわけですね。

ザックリした例を出すと、
「新車本体価格(税抜)+オプション価格(税抜)」が総額3,000万円(税抜)だったとして
支払年数を3年に設定すると上限残価70%という条件から → 3,000万円×残価70%・・・2,100万円は据置きになるので、残りの900万円を3年間で支払うというわけです。

例えば頭金を500万円支払えば、残りの400万円を3年(36か月)かけて支払えば良いことになるので、月々11万円弱でランボルギーニ車に乗れてしまうわけですね。

実際にランボルギーニサイトのシミュレーションしていくと「ウラカンLP580-2」だと車両本体価格23,473,000円(税抜)に対して、最大上限残価が65%となるため15,250,000円を据置き。
諸費用・オプション代金等を200万円、頭金を600万円、ボーナス支払いを40万円とすると、毎月133,800円の支払いで乗れてしまうわけですね。

また、今回より新たにラインナップされた「アヴェンタドールS」は車両本体価格41,578,179円(税抜)に対して、最大上限残価が70%となるため29,100,000円を据置き。
諸費用・オプション代金等を200万円、頭金を1,200万円、ボーナス支払いを40万円とすると、毎月146,200円の支払いで乗れてしまうわけですね。

以上は、残価の底上げ(60%~)と1.79%という低金利があってこそ成り立つ支払計算になるのだと思われます。
なお、(これは確実ではないものの)ディーラによっては残価を更に底上げ(例えば75%とか)するケースもあるとのことで、この辺りはディーラとの商談にて確認する必要がありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう