フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の予想レンダリングが公開に!クロスオーバースタイルはどれだけ実車に近いのかディーラ・セールスにも聞いてみた

~レスポンスが突如として新型「フィット4」の予想レンダリングを公開~

via:https://response.jp/

10月末より開催される東京モーターショー2019にて先行初公開する予定のフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」。競合モデルとしては、2020年2月頃にデビュー予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ヤリス/ヴィッツ」が待ち構えています。

新型「フィット4」では、従来のハッチバックモデルとクロスオーバーモデルがラインナップされるということで、早速自動車ニュースサイト・レスポンスがクロスオーバーモデルの完成予想レンダリングを公開しています。

ちなみにこのモデルでは、(セールスマニュアルの情報によると)大きく5種類のグレードがラインナップされる予定で、以下の通りユーザーのライフスタイルに合わせてのグレード展開になると言われています。

【新型「フィット4」グレード一覧(仮)】

・ベーシック(Basic)[FF/4WD]
・ホーム(Home)[FF/4WD]

・クロスター(Crosster)[FF/4WD]
・ネス(Ness)[FF/4WD]
・リュックス(LUXE)[FF/4WD]

もちろん、そのグレードによって装備される内容やホイールサイズも異なるのですが、ちょっとこういったグレード展開は珍しいと言いますか…とっつき難い感じではありますね。

なお、一番上のベーシック(Basic)と呼ばれるグレードはエントリーグレードになるそうで、下に行くほど上位グレードになるとのこと。

スポンサーリンク

~予想レンダリングの完成度をディーラにも確認して頂いた~

via:https://response.jp/

少し話は脱線しましたが、改めてレンダリング画像を確認していきましょう。
四輪駆動のクロカンを意識したようなデザインとなっていますが、まずはスズキ・新型「ジムニー」のようなキネティックイエロー(グリーン?)のボディカラーは今回の新型ではラインナップされないので無視しておきましょう。

それ以外のフロントグリルやロアグリル、足周りのホイール等について、実際の市販モデルとどれだけの違いがあるのかについてですが、いつもお世話になっているホンダディーラのセールスさんに確認して頂いたところ、フロントエンドはここまでアグレッシブなデザインではなく、特にフロントエンドは2代目の控え目なデザインになっているとのこと。

それ以外のブラックのプラスチック要素(フェンダーやバンパー、サイドモール)は、まぁまぁ似たようなデザインとなっていますが、フェンダーについてはここまでダイナミックには外まで張りだしていない模様。
ルーフレール等はオプションになる予定とのことですが、トータルで見てみると市販モデルに比べると遠くもなければ近くもないといった曖昧な回答でした(そう答えるのが妥当だと思います)。

またこれは余談ですが、クロスオーバー(クロスター)については5ナンバーモデルではなく、3ナンバーになる可能性があるとのことで、更にレスポンスの記事では「クロスオーバーSUVタイプは2020年後半が有力だ」と説明していますが、これはさすがに誤記で、2019年後半が正になりますね。

足もとのホイールデザインはさすがに異なるそうですが、16インチのスポーティなアルミホイールが装着されるとのことで、デザイン性においてはレンダリング以上に期待できると説明しています。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう