トヨタ「86」がまさかのリコール。トランスミッションの不具合により、最悪勝手に動く恐れも

トヨタの主要ラインナップでもある2ドアクーペ「86」が北米にてリコール。
リコールの内容としては、ATトランスミッションの不具合によるもので、米国トヨタ販売によると、納車前整備の段階で、メカニックが作業する工程に一部誤りがあったとのこと。
最悪の場合、トランスミッションを接続する部品が接続されていないものあるかもしれないとのことで、勝手に動き出してしまう恐れがあるとのことです。

スポンサーリンク

対象となるのは、2017年モデルの「86」のみで、94台がリコールの該当になります。

対策措置としては、各販売店において点検を行い、部品を交換するリコール作業を行うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう