大阪にて発生したフェラーリ「488スパイダー」と原付ドライバのトラブル。「488スパイダー」のオーナーが関西ナンバー1ホスト・夏音柚 氏との噂が浮上→実際はどうなの?【動画有】

~この「488スパイダー」って…あの関西ナンバー1ホストの個体なの…?~

前回の記事より、大阪府・某所にて男性が運転するフェラーリのホワイト系オープンモデル「488スパイダー」に対して、原付を運転していた男性が鈍器(スパナ?)のようなものでフェラーリを叩きつけるという恐ろしい動画をご紹介。

フェラーリが原付に対してあおり運転を行っていたのか、それともたまたま何かのトラブルに巻き込まれてしまったのかは不明ですが、ナンバープレートの数字もホワイトのボディカラーも全く同じ「488スパイダー」を所有するオーナーが、関西ナンバー1ホストでお馴染みの夏音柚(なつね ゆず) 氏との噂が浮上しています。

スポンサーリンク

~夏音柚 氏って誰なの?~

夏音柚 氏といえば、若干27歳にしてG.O.Group統括本部長を務める関西1の有名ホストで、過去のYoutube動画において中古のホワイトカラーに身を纏った「488スパイダー」を約4,600万円程にて購入しているのですが、その後ボディ周りにいくつかの改造(約500万円)を施すほどにクルマ好き。

【夏音柚 4,600万円 の フェラーリ を買う 【ホスト業界最高】Ferrari 488スパイダー |G.O.チャンネル【第90回】】

~一体どんなところを改造したのか?~

ちなみに改造した部分としては、「488GTB」風に見立てたガラスエンジンフードに仕上げたとのことで(「488スパイダー」では純正でガラスフードの装着不可能)、これと同じモデルはほとんど存在しないとのこと。

続いてがリヤディフューザーにホワイトのディテールアクセントを加えているとのことで、かなり個性的な一台となっていますね。

【【有名ホスト】夏音柚 500万円かけてフェラーリを改造】

~個性的な改造を施しているため、今回トラブルを受けた「488スパイダー」とは異なることがわかる~

改めて今回のトラブルを受けた「488スパイダー」を見てみると、確かにナンバーは「488」であることが分かりますが、リヤエンジンフードはガラスが装着されておらず同色素地のまま、そしてリヤディフューザーは純正のままということで、ホワイトのディテールアクセントも追加されていませんね。

このことから、夏音柚 氏は以下の通りツイッターにて、今回トラブルを受け散るのは自身のクルマではないと否定していますね。

ただ、持ち主が違うとは言えども、今回鈍器のようなもので傷を付けられてしまった以上、ボディパネルは修理ではなく交換になってしまうと思われ、その費用も数百万円レベルになるのではないかと推測できますし、そもそもどうしてこういったトラブルが発生してしまったのかも非常に気になるところです。

【あおり運転 フェラーリvs原付 関西】

☆★☆ハプニング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう