2020年モデル・ホンダ新型「シビックSiクーペ/セダン」が一部改良にて販売!小規模なスタイリング変更で価格は約266万円から

~海外で人気の高い「シビックSi」が2020年モデル用に一部改良へ~

アメリカや欧州市場等で販売されているホンダの2ドアクーペモデルと4ドアセダンタイプとなる「シビックSiクーペ/セダン」が、2020年モデルとして新たに一部改良を加えて販売されることがわかりました。

スポーツグレードとしてラインナップされている「シビックSi」ですが、今回は小変更レベルのスタイリングアップグレードに加えて、より応答性の高い加速性と、安全装備となるHonda SENSINGを標準装備しての販売となり、全グレード共通で現行モデルに比べて約7.8万円の価格アップとなります。

まずスタイリングのアップグレードに関してですが、新型「シビックSi」では、グロスブラックのトリムアクセントと同色素地のクロスバー風のアクセントをロアバンパーフォグライトハウジングに追加(特にクロスバーアクセントは賛否ありそうなデザイン…)。
更には、ウィンググリルクロスバーとマルチエレメントLEDヘッドライトもアップデートされ、外観だけでなく実用面での向上も図られているとのこと。

スポンサーリンク

~外観だけでなくパフォーマンスも向上しているため、一部改良レベルとは思えない完成度~

その他においては、オールシーズンのパフォーマンスタイヤを装着したマットブラック仕上げの18インチアルミホイールを標準装備。
更には、アグレッシブなエンジンサウンドを擬似的にスピーカーから送り出すアクティブサウンドコントロールも搭載されます。

こちらは4ドアタイプの「シビックSiセダン」ですが、セダン限定でロアバンパートリートメントを施している模様。

インテリアにおいては、クーペ/セダン共通でレッドのアクセントが入ったインストルメントパネルやシート関係、そしてカーボン調のオーナメントパネルも標準装備されています。

パワートレインについては一切変更無しとなる、排気量1.5L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力205hp/最大トルク260Nmを発揮。
但し、6速MTのトランスミッションを少し改良しているとのことで、加速性能は少し改善されているそうです。

安全装備については、クーペ/セダン共通で安全性とドライバサポートシステムとなるHonda SENSINGを標準装備しています。
安全装備内容としては、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や前方衝突警告付衝突緩和ブレーキシステム(CMBS-FCW)、レーンキープアシストシステム(LKAS)、車線逸脱警報(LDW)、道路逸脱緩和(RDW)、オートハイビームを採用。

2020年モデル・新型「シビックSiクーペ/セダン」は、9月6日よりアメリカのホンダディーラへとデリバリされるとのことですが、既にオーダーは受付中。
価格帯としては、「シビックSiクーペ/セダン」がそれぞれ共通の約266万円からとなり、サマータイヤを装着したモデルに関しては約269万円からの販売となります。

☆★☆新型「シビック」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう