ホンダ・新型「シビック・タイプR」をも圧倒!中国Lynk&Co「03シアン・コンセプト」が、ニュルブルクリンクにてFF&4ドアセダン最速記録をダブル更新【動画有】

~全く予想だにしていなかった中国からのダークホース~

中国の浙江吉利控股集団の傘下にあたる自動車ブランドのLynk&Co(リンク・アンド・コー)の最新プロトタイプモデル「03シアン・コンセプト(03 Cyan Concept)」。

何とこのモデルが、ドイツのニュルブルクリンクサーキットにてホンダ新型「シビック・タイプR」の記録を破ったばかりとなるルノー「メガーヌRSトロフィーR(Renault Megane RS Trophy R)」のFF最速記録(7分40.10秒)と、ジャガーのハイパフォーマンスセダン「XE SV Project 8」の4ドアセダン最速記録(7分21.23秒)をも上回る、7分20.143秒というとんでもないダブルレコードを更新しました。

スポンサーリンク

~正々堂々と勝負した結果、圧倒的な速さで最速記録を更新するという衝撃→一体どういうこと?~

今回、「03シアン・コンセプト」のドライバを担当したのは、シアンレーシングのドライバでもあるThed Bjork氏で、周回ラップタイム7分20.143秒に対して、平均時速は170.4km/hという驚異的な記録を残しています。

Lynk&Co曰く、これまで最速記録を更新してきたモデルたちは、一部ショートカットしたコース(20.6km)でのラップタイムを競い合っていたと主張していて、本来の周回距離である20.8kmでの最速記録は正真正銘のものであり、もし20.6kmにて走行していたら、さらにタイムは縮まり7分15.1秒を記録していたかもしれないとのことでした。

~最高出力&トルク共にチートレベル~

「03シアン・コンセプト」の気になるパワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力528hp/最大トルク504Nmというとんでもないパワーを発揮。
駆動方式はもちろん前輪駆動(FF)で、トランスミッションは6速シーケンシャルギアボックスを搭載しています。

なお、直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、0-200km/hの加速時間は10秒、最高時速は310km/hにまで到達するとのこと。

ちなみに、このモデルには”コンセプト”という名称が付いていますが、厳密には量産モデルとして販売することが決定していて、しかし販売台数は相当に限られるとのことから、すぐ完売するのではないかとのことです。

~2019年版ニュルブルクリンク最速ラップタイムランキングはこちらは!~

2019年最新版のドイツ・ニュルブルクリンク(ガソリン、EV含めて)最速記録トップ10は以下の通り。

10位:ダッジ「ヴァイパーACR」・・・7分01.30秒
9位:ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」・・・6分59.73秒
8位:ポルシェ「918スパイダー」・・・6分57.00秒
7位:ポルシェ「911GT3RS」・・・6分56.4秒
6位:ラディカル「SR8」・・・6分56.08秒
5位:ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」・・・6分52.01秒
4位:ラディカル「SR8LM」・・・6分48.00秒
3位:NextEV「NIO EP9」・・・6分45.90秒
2位:ポルシェ「911GT2RS」・・・6分47.30秒
1位:ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJクーペ」・・・6分44.97秒

【7:20.143 minutes – Onboard record lap of the Lynk & Co 03 Cyan at the Nürburgring Nordschleife】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう