シボレー新型「コルベットC8」のハイパフォーマンスモデル”Z06”が2021年後半に登場し、エンジンはV8ツインターボ&811馬力を発揮するとの報道。900万円以上の価格帯は必至?

~早くも新型「コルベットC8 Z06」の情報が!~

シボレーが発売したリヤミドシップスーパースポーツ・新型「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」。
これまでにない美しい外観とスーパーカールックなスタイリング、高品質なインテリア、フロントマウントからリヤミドシップへと大胆に変更されたエンジンレイアウト、そして60,000ドル以下(約630万円)という驚異的な安さで販売されている「コルベットC8」ですが、既に2020年度分は完売していることが明らかになっています。

パワートレインとしては、排気量6.2L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力502ps/最大トルク637Nmを発揮しますが、何とこれよりも更にハイパフォーマンスなエンジンとスペックを持つ次世代「コルベットC8 Z06」が登場するとの情報が浮上しています。

スポンサーリンク

~エンジン出力はフェラーリ「812スーパーファスト」並みの驚異の800馬力超え!~

自動車ニュースサイトAutomobile Magazineによれば、このハイパフォーマンスモデルは、2021年後半~2022年にかけて登場する可能性が高いとのことで、発売までの道のりはまだまだ長いものの、搭載されるのはキャデラック製排気量4.2L ブラックウィングV型8気筒ツインターボエンジンを大幅に改良し、最高出力811ps/最大トルク948Nm以上を発揮するとの噂が浮上しているそうです。

もちろん、このスペックは現行「コルベットC7 Z06」の最高出力よりも+152ps高く、最大トルクよりも+68Nm高いので、よりパワフルで低回転でもしっかりとトルクフルな走りを提供する一台となることは容易に想像ができそうですね。

トランスミッションについては、ベースモデルにも搭載の7速度DCTもしくは新開発の10速DCTという噂がありますが、いずれにせよベースモデルよりも更なる加速性能を誇ることは間違いなく、もしかすると0-100km/hの加速時間は、ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」よりも速い2.5秒近辺にて到達するかもしれません。

~気になる価格帯は?~

”Z06”では、エンジンがアップグレードするだけでなく、カーボンファイバボディパネルやアグレッシブな空力パッケージ、極太ホイールに対応したワイドフェンダー、そしてスポーティなサスペンション等といった各種パーツの改良も行われるでしょうね(ちなみに上の画像はZR1の予想レンダリング)。

気になる価格帯については、まだ明らかになっていないものの、1,000万円に到達するかしないかという微妙なところであるも、それでもランボルギーニのフラッグシップモデルよりも3,000万円近く安価となるわけですから、これまたとんでもないコスパを発揮するスーパースポーツとなることが期待できるでしょう。

☆★☆シボレー「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう