【最新情報】2021年フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」の統合化に加え、ノーマルとカスタムでナンバーも異なる模様

~次期「ノアヴォク」に新たな情報が到来~

2021年にフルモデルチェンジ予定となっているトヨタ・次期ミニバン「ノア(Noah)/ヴォクシー(Voxy)」ですが、自動車情報誌ベストカーの情報によれば、次期「アルファード(Alphard)/ヴェルファイア(Vellfire)」や「タンク(Tank)/ルーミー(Roomy)」といった兄弟モデル同様に、全4つの販売チャネル(トヨタ/トヨペット/カローラ/ネッツ)の統合化に加えて、2車種→1車種へと整理されることになり、名称も変更されるとのこと。

これに加え、次期「ノアヴォク」のサイズ感においては、5ナンバーミニバンの特徴をそのままに、全幅は1,695mm、全高1,800mm超を守りつつも、プラットフォームの一新で室内空間も広々とした3列シートレイアウトを採用することが予想されています。

スポンサーリンク

~どうやらスタンダード仕様とカスタム仕様でナンバーが異なる模様~

外観については、海外にて大人気の新型「ハイエース」がデザインベースになるかもしれないとのことで、顔つきについても、ダイハツ「タント/タント・カスタム」やホンダ「N-BOX/N-BOX Custom」のように、スタンダード仕様とスポーティな顔付を与えるカスタム仕様の2種類から選択が可能になるそうで、(ここからが新情報なのですが…)スタンダード仕様が5ナンバーモデル、カスタム仕様が3ナンバーモデルになるとのこと。

特にカスタムモデルは、エアロボディを採用することで、いわゆる”オラオラ系”のギラついたフロントフェイスに変化し、「アルファード/ヴェルファイア/エスクァイア」のようなメッキを多用するモデルとして登場することが十分に想像できますね(とりあえず派手になることは間違いなし)。

パワートレインについてですが、新型「RAV4」にも搭載の排気量2.0L 直列4気筒直噴エンジンと、レクサス「UX250h」にも搭載の直列4気筒直噴エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドエンジンの2種類がラインナップされ、更にハイブリッドモデルでは四輪駆動(E-Four)システムも採用されるかもしれないとのことで、降雪地域にとっては非常にありがたいスペックとなっています。

~実はこんなこぼれ話も…~

以前、いつもお世話になっているトヨタ・ディーラのセールスさんともお話をさせて頂いた際、時期については明確になっていないものの、2021年よりも半年以上遅れたタイミングにて次期「ノアヴォク」のGRスポーツモデルも登場するかもしれないとのことで、その見た目はスタンダードやカスタムよりも更に過激になり、レッドのアクセントが追加され、引き締まりのある外観に仕上がるのではないか?とのこと。

気になるGRスポーツモデルについては、ハイブリッドの可能性は限りなく低く、これまでの流れを鑑みて2.0L 直列4気筒直噴エンジンのみになる可能性が高いとのことでした。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう