2020年モデル・(米)三菱の新型「アウトランダー」が一部改良へ。安全装備やインテリア装備を強化し、価格は約312万円から

~今回の一部改良は大幅なアップデートレベルに~

アメリカ市場にて販売している三菱のミドルサイズSUVモデル「アウトランダー(Mitsubishi Outlander)」が、2020年モデル用に一部改良を施すということで、その変更・追加内容とグレード別の価格帯を明らかにしました。

今回の一部改良により、新型「アウトランダー」全グレードに自動緊急ブレーキが標準装備され、エントリーモデルとなるESにおいても、手ごろな価格でありながらも歩行者検知による前方衝突緩和システムが標準にて装備されるというのは非常にありがたいポイントとなっています。

また、3列7席シートタイプや、2列5席シートタイプのグレード全てにおいても、オートヘッドライトや雨滴感知ワイパーシステム、自動防眩ルームミラーが標準装備されます。

スポンサーリンク

~インテリアの操作性や快適性も大幅にアップ~

安全装備の標準化だけでなく、インテリアについてもアップグレードされ、これまで7インチタッチスクリーンインフォテイメントシステムが標準でしたが、今回の一部改良によって全グレード8インチへとサイズアップ。
更には、TomTomナビゲーションサービスや、Apple CarPlay/Android Autoも標準装備されるとのことですから、ドライバの操作性に加えて利便性も大きく向上しそうですね。

実はこれだけでなく、何と運転席には電動ランバーサポートが標準装備され、サンルーフレスのモデルについては、サングラスホルダーやシートベルトリマインダー、エアバッグカットオフインジケータを組み込んだオーバーヘッドコンソール、そして後席にはUSBポートが追加される等、一層の利便性と高級感が加味されています。

~気になるグレード別の価格帯は?~

気になるパワートレインについては、エントリーグレードのESのみ、排気量2.0L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力150ps/最大トルク190Nmを発揮。
その他には、排気量2.4L 直列4気筒ガソリンエンジンモデル(最高出力169ps/最大トルク220Nm)や排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンモデル(最高出力150ps/最大トルク360Nm)がラインナップされています。

そして、気になるグレード別の価格帯は以下の通りとなっています。

・ES(2WD&5MT)・・・約312万円
・ES 2.4L ADAS(CVT&2WD)・・・約352万円
・ES 2.4L ADAS(AWD&CVT)・・・約379万円
・ES 2.4L(2WD&CVT)[seven seat]・・・約336万円
・ES 2.4L(AWD&CVT)[seven seat]・・・約363万円
・LS 2.4L(2WD&CVT)[seven seat]・・・約363万円
・LS 2.4L(AWD&CVT)[seven seat]・・・約389万円
・LS 2.2L(AWD&6AT)[seven seat]・・・約426万円
・Exceed 2.4L(AWD&CVT)[seven seat]・・・約458万円
・Exceed 2.2L(AWD&6AT)[seven seat]・・・約495万円

☆★☆「アウトランダー」関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:Caradvice

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう