中国メーカ・グレートウォール(万里の長城)が、トヨタとフォードのデザインをほぼコピーしたピックアップトラック「Pシリーズ」を発表。「世界トップ3のピックアップトラックを目指す」

~中国が発表したピックアップトラックモデル、何か見たことのあるデザイン~

中国の自動車メーカではほとんど聞いたことの無いグレートウォール(Great Wall)。
英語で「万里の長城」を意味するこの自動車メーカですが、中国国内では最大のSUVモデルとピックアップトラックモデルを製造する有名メーカでもあり、今回新たに発表された「Pシリーズ」が大きな話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

~トヨタとフォードのあのモデルをモチーフ?にしたグレートウォール渾身のモデルのようだ~

今回グレートウォールが発表した新型「Pシリーズ」は、世界のトップ3に君臨するピックアップトラックモデルの一つとなることを目的としたグローバルモデルで、その見た目は明らかにトヨタ「タコマ」とフォード「レンジャー」といった主要ピックアップトラックをコピーしたデザインであり(トヨタとフォードに怒られそうだけど…)、2020年までに20万台販売することを目標にしているとのこと。

新型「Pシリーズ」は、P71と呼ばれる最新プラットフォームを搭載し、これにより上位モデルの安全性や快適性、効率性、そして前モデルよりもカスタマイズ性が向上するとのことで、非常にフレキシブルで品質の高いプラットフォームになっているようです。

なおグレートウォールの情報によると、パワートレインやオプション、車体サイズ、”運転形態”といった様々な要素を組合わせることで、100種類以上のバリエーションを構成することができるとのこと。

気になるパワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載するとのことで、スペックについては明確になっていないものの、トランスミッションは8速ATのみ、駆動方式は四輪駆動を採用する予定となっています。

その他オプションとしては、アラウンドバックミラーカメラや車線逸脱警報、インテリジェント・ヴォイスコントロール、アダプティブクルーズコントロールの設定も可能となっています。

☆★☆中国専売モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう