Anijaカスタムのランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」を見てきた!リバティーウォークとは異なる強烈過ぎる存在感はマジでパネェ【北陸カスタムカーショー2019 in 金沢】

~ここまでランボルギーニ勢で固めてきたエリアは存在しなかった~

さて、8月31日(土)~9月1日(日)まで石川県産業展示館 4号館にて開催されている「北陸カスタムカーショー2019 in 金沢」。
本イベントでは、スーパーカー/スポーツカーを始め、その他一般車両においても過激なカスタムを施したモデルたちが多数展示されていました。

今回はリバティーウォークとは異なる過激なカスタムを施す関東スーパーカーチーム「A-TEAM」ことAnijaがカスタムしたランボルギーニ「アヴェンタドール(Aventador)×3台/ウラカン(Huracan)」をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

~初っ端から想像を超えてくる強烈な「アヴェンタドール」~

まずは強烈なエメラルド系のボディカラーと純正のデザインとは異なる「アヴェンタドール」。
フロントエンドのカメムシをモチーフにした尖った形状や、ガンダムチックなインテークフレームはその面影を残していますが、まさかのフロントヘッドライトがどこかに消えてしまうという…これで公道に走って大丈夫なの?と疑ってしまう程の過激カスタムとなっていますね。

ちなみにフロントフードには二つのワイドなダクトが設けられていますが、これはおそらく「アヴェンタドールSVJ」のダクトをモチーフにしたものではないかと予想しています(フロントのウィングレットもまた然り)。

こちらはランボルギーニのエントリーモデルとなる「ウラカン」のカスタムモデル。
フロントフードやヘッドライトに沿う形で追加されたグレーのストライプが非常に印象的で、どことなく海外にて納車されたド派手カラーの「チェンテナリオ」を思い出させるものがありますね。

私がイメージしてた「チェンテナリオ」はこちら。
デザインは異なりますが、何となく方向性は似ているような感じ?

リヤフェンダーにはAnijaロゴがスワロフスキーにてデカデカと貼付されています。

こちらはAnijaカスタムの中で最もシンプルな「アヴェンタドール」カスタム。
オレンジ系のボディカラーにグロスブラックに仕上げたロアパーツで引き締まった顔つきとなっています。

~最後を締めくくるのも「アヴェンタドール」だった~

そして最後は強烈なラッピングカスタムを施してくれた「アヴェンタドール」。
パープル系がメイン?の玉虫色がとにかく強烈。光の加減で色味が異なるのも面白いところですし、この個体を撮影するキッズたちはもちろんのこと、女性からも大人気だった一台でしたね。

足もとにはAnijaプロデュースのシングル5スポークアルミホイールを装着しています。

☆★☆北陸カスタムカーショー2019 in 金沢関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう